サメの形のティーバッグ
考えた人、サメ映画好きそう

なぜか夏になると増える心霊番組やホラー映画特集。あとで絶対お風呂に入るのが怖くなるのに、つい怖いもの見たさで観ちゃいます。

そんな時にもっと場を盛り上げてくれそうなのが、大翔水産が開発した「サメのティーバッグ」。ホオジロザメとジンベエザメの2種類があり、ホオジロザメの中にはローズヒップのブレンドティーが詰められています。そう、お湯を注ぐと真っ赤なお茶が抽出されるのです…。

サメの形のティーバッグ
ホオジロザメをかたどったティーバッグ

サメの形のティーバッグ
ローズヒップとハイビスカスをベースに
カモミールやローズフラワーがブレンドされています

お茶自体は至って普通のフレーバーなのに、サメの形になるだけで“何か”があった後の海が想起させられます。持ち手がダイバーなのも意味深。

サメの形のティーバッグ
おいしそうだけど、“過程”がね…

一方ジンベエザメの中身は高級深蒸し緑茶。ジンベイザメの形はもちろん、持ち手が船になっているのでスケールの大きさも再現されています。

サメの形のティーバッグ
扁平な頭部や尾びれもリアル!

サメの形のティーバッグ
ポットじゃちょっと窮屈かな?

いずれも現在商品化に向けクラウドファンディングサイト「Makuake」で支援者を募集中。支援すると、目標金額の達成にかかわらず割引価格で商品が入手できます(配送は11月)。

なお同社は青いお茶にイルカが浮かぶティーバッグも販売しており、いずれは“水族館”のようなラインナップにしたいのだとか。今後の開発にも期待を込めて、応援してみては?

イルカの形のティーバッグ
イルカのティーバッグ(ブルーマロウ&矢部茶)

サメの形のティーバッグ
今後の予定…?