カーテンと窓から差し込む光
今朝、スッキリ目覚めました?

最近引っ越したばかりの筆者。カーテンが間に合わなくて元々付いていた薄いビニールシートをそのまま使っているのですが、朝、妙に目覚めが良いんですね。実際、太陽光を浴びると「メラトニン」という睡眠ホルモンが減るそうで、部屋の明るさのおかげかもしれません。

それではカーテンがある場合はどうしたら良いのか。部屋に入ってきて開けてくれるお母さんがいないなら、“めざましカーテン”が便利そうです。

ロビットが開発した「めざましカーテン mornin’」は、スマートフォン連動型カーテン自動開閉機。既にあるカーテンレールに装着するだけで、専用アプリで設定した時刻に自動でカーテンを開けてくれます。

スマホで操作する「めざましカーテン mornin'」
「めざましカーテン mornin'」

スマホで操作する「めざましカーテン mornin'」
カーテンレールに取りつけて

スマホで操作する「めざましカーテン mornin'」
アプリで起きたい時間を設定

スマホで操作する「めざましカーテン mornin'」
設定した時間にカーテンが開く!

アプリにはリモコン機能も搭載されており、スマートフォンからカーテンの開閉操作が可能。スピードも自由に変更できるほか、家族との共有機能もそなえているとか。アラームと併用することになるとは思いますが、目覚めがだいぶ良くなりそうな気がします。

本体のサイズはW56×H97×D41mm、重さは約67g。1台でカーテン1枚の開閉が可能です。執筆時点では、Amazon.co.jpから発売記念特別価格の3,985円(税込)で購入できます。

※アプリはiOS8.3以上、Android5.0以上に対応。購入の際は対応カーテンレールもご確認ください