ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati」
「あれ、梅田出身なの?」

“実際の地図データ”をデザイン化したステーショナリー「mati mati(マチマチ)」シリーズに、「旅」をテーマにした4エリアが新たに追加された。

同シリーズは、“身近な街の地図柄でコミュニケーションを生み出す”ことをコンセプトにしたステーショナリー。1月より第1弾商品として東京・丸の内、表参道、吉祥寺と福岡・天神が展開されている。

ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati(マチマチ)」
見慣れた街の地図がオシャレな文房具に

今回追加されたのは、出張や旅行で訪れる機会が多い「京都」「梅田」「神戸」「横浜」の4エリア。デザインにはそれぞれのエリアの特徴も反映されているそう。

ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati」
全部行ったことあります?

ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati」
「梅田」のテーマは“地下街”
(クリアファイル380円)

ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati」
「京都」は“通り名”
(ノートパッド380円)

ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati」
「横浜」は“発祥の地”、「神戸」は“ベーカリー”がテーマ
(マスキングテープ各430円)

また、新商品としてデザインも素材も“まちまち”な5種類のふせんがセットになった「TRAVEL TAG FUSEN」も登場。価格は各480円。

ゼンリンの地図ステーショナリー「mati mati」
スーツケースに付ける“トラベルタグ”がモチーフ

商品は首都圏、関西圏を中心としたロフトおよびセブン&アイのショッピングサイト「オムニ7」で購入できる。※表記価格はすべて税別