ウェザーニューズ「ペルセウス座流星群」の最新情報

8月12日夜~13日未明にかけてピークを迎えるペルセウス座流星群。気象情報会社のウェザーニューズは「今年は全国的に最高の観測条件」として、各地の気象やベストな観測の時間帯を紹介しています。

■「ペルセウス座流星群」とは?

ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と並ぶ三大流星群のひとつ。毎年お盆の時期に出現し、1年の中で1、2を争う出現数を誇っています。国立天文台によると1時間あたりに40個以上、条件がよい時は熟練した観測者であれば80個以上の流星を観測できるそうです。

今年のピークは8月12日夜~13日未明。放射点があるペルセウス座は21時頃から北東の空に現れはじめ、深夜には空高くに昇るため、観測は21時以降~13日未明が良さそうとのこと。特に、月が沈んで月明かりがなくなる12日24時頃~13日未明にかけてがベストチャンスだそうです。

■“バッチリ見える”エリアが広範囲に

観測の際に気になるのは天気。12日夜~13日未明は全国各地で晴れ、広い範囲で星空が楽しめると見込まれています。内陸の一部ではゲリラ雷雨の影響も予測されますが、遅い時間ほど天気が回復して流星を見られるチャンスが増えるそうです。

北海道の太平洋側では海から風が吹き、低い雲が広がりやすくなるそう。早い時間ほど雲が少なく、観測のチャンスがありそうとウェザーニューズは予測しています。

■生中継で楽しむのも手

同社が運営する24時間ライブ番組「SOLiVE24」では、12日21~24時に特別番組を放送。全国11か所からの生中継で、各地の映像や現地観測者の実況コメントを届けてくれます。スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」やテレビ(BS 910ch)、YouTube、ニコニコ生放送などで視聴可能です。

ウェザーニューズ「ペルセウス座流星群」の最新情報
流星の瞬間をとらえた動画を届けてくれる機能も