ポータブル衣類乾燥機「Tidalpool Portable Clothes Dryer」
ポータブル衣類乾燥機、「Tidalpool Portable Clothes Dryer」

「Tidalpool Portable Clothes Dryer」は、ポータブル衣類乾燥機。据え置き型の乾燥機ほどパワフルではないが、一般的な部屋干しよりもずっと早く、確実に乾燥してくれる。

「Tidalpool Portable Clothes Dryer」は、室内用物干しの下部にヒーターを取り付けたような商品。ベランダに洗濯物を干してはいけない地域の多い米国で人気が高い。アパート内や街角に設置されたコインランドリーには持ち込みにくいデリケートな衣類などの乾燥で使われることも多いようだ。

ポータブル衣類乾燥機「Tidalpool Portable Clothes Dryer」
コインランドリーに持ち込みにくい衣類の乾燥にぴったり

また、米国ではコインランドリーの乾燥機でスニーカーを乾燥する人も少なくない。そのような乾燥機を使いたくないと思う人にも、「Tidalpool Portable Clothes Dryer」は人気がある。

参考画像:コインランドリーの乾燥機でスニーカーを乾燥
まぁ、日本にもそういう人はいますが
米国は本当に多い!

使用時には、手洗いなどした洗濯物を、「Tidalpool Portable Clothes Dryer」内部のハンガーなどにかける。続いてビニール製のカバーで全体を覆い、下部の電源スイッチを入れる。すると温風が下部から上にむかって吹き出して、洗濯物を乾かしてくれるという仕組みだ。

ポータブル衣類乾燥機「Tidalpool Portable Clothes Dryer」
温風の温度は調節できます

UVライトによる殺菌機能も搭載。部屋干し中に発生する衣類のバクテリアの増殖を防ぐという。

ポータブル衣類乾燥機「Tidalpool Portable Clothes Dryer」
効果、あるのかな?

開発元は、一般的な乾燥機は衣類を回転させながら乾燥させるため、シワになりやすいが、「Tidalpool Portable Clothes Dryer」を使用すれば、シワにならず美しく仕上がると主張している。

米国での価格は85ドル程度。Amazon.comなどの通販サイトで販売されている。

この手の乾燥機は米国ではそれなりに人気があるため、類似商品やOEM商品も多く販売されている。例えば「Panda Portable Ventless Cloths Dryer」もそのひとつ。こちらは若干価格が安く、米国では67ドル程度で販売されている。

ポータブル衣類乾燥機「Tidalpool Portable Clothes Dryer」
構造などはほぼ同じです

さてこの衣類乾燥機、室内用の物干しを購入し、下からサーキュレーターで風を当てればかなり近い効果を得られる。だが、わざわざサーキュレーターを用意しなくても、洗濯物を吊るせばすぐに乾燥を始められるのがこの商品の良いところなのだろう。カバーが付いているため外からは洗濯物が見えないのも、意外と大きなメリットかもしれない。

ポータブル衣類乾燥機「Tidalpool Portable Clothes Dryer」
洗濯物が外から見えないのは、大きなプラス?