ちぎって使うふせん、オフィス向けデザインの「Piri-it!IV(ピリットフォー)」

ちぎって使うふせん「Piri-it!(ピリット)」シリーズ第4弾、「Piri-it!IV(ピリットフォー)」が9月中旬にサンスター文具から販売開始される。オフィス向けのデザインが特徴。

ちぎって使うふせん、オフィス向けデザインの「Piri-it!IV(ピリットフォー)」
「Piri-it!(ピリット)」シリーズ第4弾、「Piri-it!IV(ピリットフォー)」

「Piri-it!」は、上部についているミシン目でちぎると、意味や絵柄が変化するふせん。ふせんの状態によって相手の反応をうかがったり、仕事の進捗を可視化したりできる。

ちぎって使うふせん、オフィス向けデザインの「Piri-it!IV(ピリットフォー)」
参考画像:昨年11月に発売された「Piri-it!III(ピリットスリー)」
切り離すと「?」が「!」に、「LOOK」が「OK」に

今回販売開始される「Piri-it!IV」は、従来の「LOOK」→「OK」や「?」→「!」などは残しつつ、「要確認」→「確認」、「要修正」→「修正」など、オフィスでよく使われるふせんを追加した合計8種類で構成。デザインもオフィス向けに変更されており、仕事上のコミュニケーションツールとして利用できる。

ちぎって使うふせん、オフィス向けデザインの「Piri-it!IV(ピリットフォー)」

希望小売価格は380円(消費税抜)。