2017年の新作手帳
私以外私を管理できないの

続々と店頭に来年の手帳が並び始める時期。仕事やプライベートで多忙な現代人は、いかに効率良く予定を管理するかで毎日の充実度が変わってきますよね。そこで今回は、予定や家事、打合せ内容など複数項目の管理に役立つ2017年版手帳に注目してみました。

手品みたいにページが変わる

ミドリの「ダブルスケジュールダイアリー」は、1冊で2つの予定を管理できる手帳。2色のインデックスを押さえて開くと、それぞれ異なるスケジュールページが開けます。

ミドリ「ダブルスケジュールダイアリー」
赤いインデックスを押さえると赤いページ
青を押さえると青いページのみ開ける

スタンダードモデルのほか、今年は新たに「進行」と「マネー」が登場。進行では予定とプロジェクトのタスクが、マネーでは予定と毎日の収支が管理できるそうです。

ミドリ「ダブルスケジュールダイアリー」
「ダブルスケジュールダイアリー 進行」
10月始まり、A5サイズ 希望小売価格は1,500円

ミドリ「ダブルスケジュールダイアリー」
月間スケジュールと複数項目の進捗を書き込めるプロジェクトページを収録

ミドリ「ダブルスケジュールダイアリー」
「ダブルスケジュールダイアリー マネー」
B6サイズ、1,600円

ミドリ「ダブルスケジュールダイアリー」
スケジュールページと毎日の収支を把握できる家計簿ページを収録
家計簿には同ブランドの人気製品「かんたん家計簿」を採用

縦横で使える「ブラウニー手帳」

ブラウニー手帳2017

スマートに、かつ複数の予定を管理したい人は縦と横の両方向で使える「ブラウニー手帳」。手帳って意外と使わないスペースが多いのですが、これなら余すことなく使えそう。

ブラウニー手帳2017
両方向から書き込めるデザイン。特許取得済みだとか

ブラウニー手帳の公式サイトでは様々な使い分けのアイデアも紹介。自分の生活に合った活用法が見つかります。なお2017年版では、万年筆でも裏抜けしにくい紙質に改良されたそうです。

ブラウニー手帳2017
人別に管理した例
(出典:ブラウニー手帳公式サイト)

ブラウニー手帳2017
学生さんにも!
(出典:ブラウニー手帳公式サイト)

ブラウニー手帳2017
11月始まり、A5スリムサイズ3,200円、A6サイズ2,400円

のび~るカバーで月と週を把握

マークス2017年版デザインダイアリー
アポイントメントが多い人や、1日の時間をしっかり管理したい人に

マークスから発売されたのはユニークなしかけのデザインダイアリー。Z型におりたたまれたマグネットカバーを広げると、月間/週間スケジュールを一覧できます。表紙の裏側にはTO DOリストと年間カレンダーも掲載。付属のふせんを使ってタスク管理ができます。

マークス2017年版デザインダイアリー
Z型に広がる新形状のマグネットカバー

マークス2017年版デザインダイアリー
付属のふせんで、「今日/今週/今月」のTO DOを管理
(B6変形サイズ、2,200円。9・10・12月始まり)

予定とノートを効率的にひもづけ

コクヨ「Drawing Diary(ドローイングダイアリー)2017」
ありそうでなかった! 打合せ内容を探すのに便利

マンスリータイプのカレンダーと、ノート部分が1冊になったコクヨの「Drawing Diary(ドローイングダイアリー)2017」。ノート部分の全ページに番号がふってあり、スケジュール欄にページ番号を控えておけばノートの記録を簡単に検索できます。

ノートの先頭ページにはインデックス、全ページにタブ欄が設けてあり、月別・タスク別など使い方は自由自在。

コクヨ「Drawing Diary(ドローイングダイアリー)2017」
ノート先頭ページにはインデックス
たっぷり書ける3mm方眼罫256ページ

コクヨ「Drawing Diary(ドローイングダイアリー)2017」
12月始まり、A5変形サイズ 希望小売価格は2,000円
9月8日より数量限定で販売

商品は東急ハンズやロフト、各社の公式オンラインショップなどで購入可能。今すぐ切り替えても良し、12月までじっくり検討しても良し。買うのは1冊だけなんですが、色々手に取ってみると楽しいですよ!※表記価格はすべて税別