迷彩柄のアイスクリーム「Camo'n Cream」

米国テキサス州では、カモ猟のシーズン。それに合わせてか、ブルーベル・クリメリーズの販売するアイスクリーム「ブルーベル・アイスクリーム」には新しいラインナップが9月1日に追加されました。カモフラージュがテーマの「Camo'n Cream」です。

迷彩柄のアイスクリーム「Camo'n Cream」
“カモフラージュ”がテーマのアイスクリーム「Camo'n Cream」

「Camo'n Cream」は、「ピスタチオアーモンド」「ミルクチョコレート「クリームチーズ」の3つのフレーバーを同時に楽しめるアイスクリーム。この3つのカラーがカップの中で混ざり合うと迷彩柄になる…というのが「カモフラージュがテーマ」の意味なのだとか。すごいような気もしますが、この組み合わせ、今まで誰も気づかなかったのでしょうか?それとも、気付いてはいたけれど、やらなかっただけなのでしょうか?

迷彩柄のアイスクリーム「Camo'n Cream」
森で食べれば、敵に見つからない?

ブルーベル・クリメリーズのマーケティングディレクターであるカール・ブリードさんは「Camo'n Cream」を開発した理由を次のように語っています。

「迷彩柄は、あらゆるものにデザインされている。それで我々は、アイスクリームフレーバーに、迷彩柄があっても良いじゃないか、と考えたんだ」

「Camo'n Cream」を森の中のどこかに隠せば、周囲の風景に溶け込み、後から探すのはとっても困難になるでしょう。それにどのようなメリットがあるのかは、ちょっとよくわかりませんが…。

「Camo'n Cream」は期間限定フレーバー。カモと一緒に食べればおいしい…のカモしれませんよ。

迷彩柄のアイスクリーム「Camo'n Cream」
カモん!