小笠原製粉「自衛隊カレーラーメン」
ついでに面白いお土産も買える!

近年すっかり定着したシルバーウィーク。今年はゴールデンウィークほどの連休にはならないものの、夏休みに浪費してしまった人にとっては正直衣替えくらいしかすることがないだろう。

それでも、子どもからどこかに連れていけとせがまれる…そんな人にオススメなのが、埼玉県朝霞市にある「陸上自衛隊広報センター」、通称「りっくんランド」だ。ちなみに筆者には子どもがいないが、個人的に興味があったので行ってみることにした。

陸上自衛隊広報センター
埼玉のランドといえば「りっくんランド」
右下のマスコットキャラクターが「りっくん」

車で行くのが正解

陸上自衛隊広報センター
広々とした駐車場

りっくんランドは朝霞駐屯地内にあり、100台以上が停められる駐車場も完備されている。なお最寄りは東武東上線「朝霞駅」または「和光市駅」だが、駅から歩くと20分はかかる(起伏もあり)ので、小さな子どもがいる場合は車で行った方がラクだろう。

迫力の実機展示

陸上自衛隊広報センター
おおお

館内では陸上自衛隊の歴史や任務、災害派遣活動などについて学べるほか、「90式戦車」(試作車)や対戦車ヘリコプター「AH-1S」などの実機が展示されており、間近でじっくりと観察できる。実際に隊員が使用している背のうやヘルメットなども装着可能。

陸上自衛隊広報センター
90(きゅうまる)式戦車。子どもが小さい…!

陸上自衛隊広報センター
偵察用オートバイ。カッコイイ!

陸上自衛隊広報センター
ぐぬぬ…(12kgあるそう)

陸上自衛隊広報センター
熊本地震災害派遣の記録

外のイベント広場には10式戦車など多数の装備品が展示してあり、囲まれて立っているとちょっとした緊張感すら覚える。

陸上自衛隊広報センター
このスケール、頭で分かっていたつもりでも大人だって興奮してしまう

陸上自衛隊広報センター
ずらーり

体験コーナーが充実

ただ装備を見るだけでなく、フライトシミュレーター、射撃シミュレーターによる操縦体験や服装体験コーナーも用意。ゲーム感覚でできるので子どもたちも飽きずに楽しめそうだ。

陸上自衛隊広報センター
人気のフライトシミュレーター(奥)

陸上自衛隊広報センター
射撃シミュレーターも賑わっている

さらに3Dシアターでは、自衛隊の装備品や普段目にする機会の少ない訓練映像などが立体映像で視聴できる。

陸上自衛隊広報センター
動いているとまた違った迫力があります

お土産も楽しい

出口付近にはお土産ショップ「SAKURA」があり、タオルやTシャツなどの自衛隊グッズやお菓子が販売されていた。

陸上自衛隊広報センター
買ってきました

人気No1商品「迷彩パウンドケーキ」と迷いつつ、筆者が購入したのは最近発売されて売り上げ急上昇中だという自衛隊カレーラーメン(と迷彩タオル)。あの「キリンラーメン」で有名な小笠原製粉が自衛隊員のために開発したものだとか。

陸上自衛隊広報センター
自衛隊といえばカレーだよね

インスタントとは思えないツルツルシコシコの麺にスパイシーなカレースープがとろりと絡み、夢中ですすってしまうおいしさ。焦がしねぎが良いアクセントになっており、スープまで飲み干してしまった。6袋入りで1,000円くらい、人にあげるのにもオススメだ。

シルバーウィークはイベント色々

なお9月18日には館内の90式戦車車長席開放、9月19日には高機動車に乗って駐屯地内をドライブするイベントが開催予定。それぞれ当日に整理券配布や受け付けが行われるので、気になった人は公式サイトをチェックしてみよう。

筆者が訪れたのは週末の午後だが、それほど混雑もなく、体験コーナーに多少列ができているくらいだった。来館者は親子連れを中心に、筆者のように1人で来ている人もちらほら見かけた。

館内に飲食施設はなく、軽食・飲料の自動販売機のみ。食べ物を持ち込んで指定スペースで食事することもできる。

陸上自衛隊広報センター
外にはオープンデッキも

所在地は埼玉県朝霞市栄町4-6。開館時間は10時~17時。入館は無料。知っているようで意外と知らない自衛隊の世界、興味がある方はぜひ。