LINEプラットフォーム「LINE Creators Market」
挫折した人にもチャンス?

メッセージアプリ「LINE」用のスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」。プロのイラストレーターやイラストが得意なユーザーを中心に、高額を稼いでいる人も多いといいます。

誰でも申請できるものの、これまでは1セット40個のスタンプを作らなければならず、少々ハードルが高いものでした。その審査基準が、このほど“最低8個”に変更されたそう。

これにより、「静止画スタンプ」は8、16、24、32、40個から、「動くスタンプ」は8、16、24個から選択可能に。絵を描くのが得意でない人や子どもでも、より簡単・手軽にスタンプ制作が楽しめるとか。

また、これまで禁止されていた“写真”を使用したスタンプも解禁。自身の写真はもちろん、友人・家族やペット、風景の写真を用いたスタンプを制作・販売できるようになりました。例えば大切な友人の結婚式や誕生日のお祝いとして、友人の写真入りオリジナルスタンプを作成、プレゼント機能を使って贈るといったこれまで以上に様々なシーンで活用できるそうです。

LINEプラットフォーム「LINE Creators Market」
LINE写真スタンプのイメージ

なお、スタンプの販売価格は従来通り1セット120円から設定可能。売上総額より手数料(30%)を除いた50%(売上総額の35%)がクリエイターへの収益分配額となります。申請方法などの詳細についてはLINE Creators Marketを確認のこと。