アップルパイ風カスタードトースト
食パンが贅沢なスイーツに♪

牛乳を加えるだけでカスタードクリームができる?製菓材料店で「カスタードクリームパウダー」なるものを発見しました。cuoca(クオカ)の商品で税込価格は216円。

アップルパイ風カスタードトースト
カスタードクリームパウダーだと?

カスタードクリームといえば、通常は卵や牛乳、砂糖、小麦粉を鍋で煮て作るもの。でもこの「カスタードクリームパウダー」なら、冷たい牛乳を加えるだけでOKなのだとか。なにそれ、楽でよさそう!

cuoca「カスタードクリームパウダー」
裏にはこんな説明書きが

好奇心で購入してみたものの、シュークリームを作るほどのガッツがなかった筆者。そこでトーストの“具”として使ってみることにしました。さらに煮リンゴも加えれば、秋冬に食べたいアップルパイ風の味わいになりましたよ。

材料:食パン(2枚)/りんご(1/2個)/ドライフルーツ(少量)/カスタードクリームパウダー(1袋)/牛乳(指定の量)

アップルパイ風カスタードトースト

作り方:
1. 食パンは軽くトースト。カスタードクリームパウダーには指定の分量の牛乳を混ぜておきます。

cuoca「カスタードクリームパウダー」
牛乳にパウダーを加えて(左)、
泡だて器で混ぜればクリームのできあがり(右)

2. りんごは4等分した後、薄くスライス。
耐熱容器に入れてラップをし、電子レンジ(600W)で約1分半加熱します。

3. トーストした食パンにカスタードクリームを塗ります。

アップルパイ風カスタードトースト
クリームの厚みはお好みで

4. 「2」のりんごをバランスよく並べたら、軽く焦げ目がつくまでトースト。

アップルパイ風カスタードトースト
魚のうろこ状に並べてみました

5. 彩りにレーズンなどのドライフルーツを散らせば完成。

アップルパイ風カスタードトースト
できあがり!
シナモンパウダーがなかったのが残念

さて気になるお味はというと...。甘いクリームとサクッと香ばしい食パン、酸味あるりんごがほどよくマッチし、朝食でもぺろりと食べられそう。筆者は8枚切りの食パンを使いましたが、クリームの重みに少々負けていたため、6枚切りか4枚切りを使った方がよさそうです。

なおcuocaだけでなく、日本製粉や共立食品などからもカスタードクリームの“素”は販売されているようです。お菓子作りのハードルを下げてくれる便利アイテムなので、お店で見つけたらお試しあれ。  

※前回のトースト記事はこちら→「こんがり焼ける とろけるスライス