ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」
ルンバに迫る次世代掃除機?

ネイトロボティクスから、Wi-Fi対応全自動ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」が11月末より販売される。販売予定価格は9万2,500円(税別)。

ネイトロボティクスは、世界35か国以上で販売実績を持つアメリカのロボット掃除機メーカー。本体前方に27.6cmのワイドブラシを配置した独自の「Dシェイプデザイン」と、部屋の壁ぎわや隅でゴミをかき出すサイドブラシが特徴。

ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」
Dシェイプの中に幅広いブラシと大容量ゴミタンクを搭載

ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」
壁や部屋の隅により近づける

今回日本で初めて販売されるボットバック コネクテッドは、専用のスマートフォンアプリ(iOS/Android)とWi-Fiを使用することで、どこからでも掃除機の操作ができる最新モデル。また、レーザーセンサー技術を活用した人工知能「Botvision」を搭載しており、室内の形状や家具のレイアウトを正確に測定、部屋の壁ぎわ約1cmを移動して規則正しく掃除を行うそう。

ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」
スマホからスタート、ストップ、一時停止などの操作ができる

ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」
レーザーナビゲーション(丸部分)でフロアをマッピング

このほか、複数の部屋を自動で認識して掃除を行う「マルチルームクリーニング機能」や毎日指定の時間に自動で掃除を始める「オートスケジュール機能」、掃除の途中でバッテリーが切れたら充電台に戻り、元の場所まで戻って掃除を再開する「自動再開機能」なども搭載している。

本体サイズはW33.5×D32.1×H10cm、重さ約4.1kg。連続稼働時間は最大120分(充電1回の場合)。花粉やハウスダストなどの微粒子も吸着するアレルゲンカット超高性能フィルターが付属する。