米国 Ritot は、手の甲に時刻や SNS 通知を投影するプロジェクションスマートウォッチを開発した。現在、市販に向けクラウドファンディングサイト Indiegogo で出資者を募集中。キャンペーン開始から2週間あまりで、すでに目標額の9倍近い44万7,000ドルの資金調達に成功しており、2015年2月頃の出荷開始を決定している。

米国 Ritot が開発したプロジェクションスマートウォッチ「Ritot」
米国 Ritot が開発したプロジェクションスマートウォッチ「Ritot」

スマートウォッチは、スマートフォンと連携し、電話やメールの着信、新着の SNS メッセージなどを知らせてくれるデバイス。だが画面が小さいため、メッセージが読みにくいという欠点を持っている。デザインも、現在発売されているものに関しては、ぱっとしないものが多い。

「Ritot」は、手の甲に時刻や SNS 通知を投影する
「Ritot」は、手の甲に時刻や SNS 通知を投影する

「Ritot」はこれらの問題を解決するスマートウォッチ。時刻や SNS 通知を小型プロジェクターで手の甲に表示するのが特徴だ。従来のスマートウォッチより広い表示領域を使えるため、より多くの情報を表示できる。また、プロジェクターの搭載でタッチスクリーンが不要になったため、よりすっきりとしたデザインが可能となった。

スマートウォッチよりも広い領域に情報表示が可能
スマートウォッチよりも広い領域に情報表示が可能

パーティや、
パーティや、

デートで装着しても、違和感のないデザイン
デートで装着しても、違和感のないデザイン

「Ritot」で情報を表示するには、Ritot 上のボタンをタッチするか、軽く手を振る。すると、現在の時刻が手の甲に表示される仕組みだ。これらの操作をしなくても、スマートフォンに電話がかかったり、E メールが着信したり、SNS でアップデートがあったり、設定しておいたミーティングが近づいたりした場合などには、自動的にメッセージが表示されるよう設定できる。プロジェクションだけでなく、バイブレーションでの通知も可能だ。

「Ritot」で情報を表示するには、軽く手を振る  全身全霊で振り回す必要はない
「Ritot」で情報を表示するには、軽く手を振る
全身全霊で振り回す必要はない

Twitter のアップデートや
Twitter のアップデートや

Facebook のアップデートは自動表示される
Facebook のアップデートは自動表示される

情報表示に利用できるカラーは20種類以上。表示される情報の種類にあわせて、異なったカラーを選択することも可能だ。

情報表示に利用できるカラーは20種類以上
情報表示に利用できるカラーは20種類以上

iOS、Android、Windows Phone を搭載したスマートフォンと連携可能。価格は160ドルで、日本への送料は無料となる予定。