スマートロックはスマートフォンや専用の Bluetooth FOB で部屋のドアを施錠・解錠できるシステム。夜、暗い中でカギ穴を探したり、両手一杯の荷物を抱えながらポケット中のカギを探したり、といった面倒から利用者を解放してくれるものだ。

そんなスマートロックに新製品「Genie Smart Lock」が加わった。これは、「スマートロックは便利だが、バッテリーがすぐに切れる」という問題を解決する。

スマートロック「Genie Smart Lock」
スマートロック「Genie Smart Lock」

通常、スマートロックのバッテリー持続期間は1か月程度。バッテリーが切れてしまうと、最悪、締め出されてしまうことがある。だが「Genie Smart Lock」のバッテリー持続期間はなんと約12か月。1年間、無充電で利用を継続できるのだ。これなら、バッテリー切れで困ることはまずないだろう。

それでもうっかり充電を忘れ、締め出されてしまうことはあるかもしれない。そのような場合、従来型のカギを使い、ドアを開けることも可能になっている。

従来型のカギを使い、ドアを開けることも可能
従来型のカギを使い、ドアを開けることも可能

スマートロックは、ペットを飼っている家庭でも有効なシステムだ。家族で旅行にでかけるときなど、ペットシッターにカギを預けてしまうのは不安なもの。でも、スマートロックであれば、ペットシッターが部屋の前に到着したときに電話をかけて知らせてもらい、旅先からスマートフォンを使って解錠できる。

出先にいて、家にカギをかけてきたかどうかが気になってしまう神経質な人にもおススメの製品。スマートフォンアプリを起動すれば、カギがかかっているかどうかをどこからでも確認でき、万が一かかっていなかったらその場で施錠することが可能だ。

「Genie Smart Lock」は、スマートフォンアプリで部屋のドアを施錠・解錠できる
「Genie Smart Lock」は、スマートフォンアプリで部屋のドアを施錠・解錠できる

「Genie Smart Lock」をドアに取り付けるには、現在使用しているドアノブを取り外し、「Genie Smart Lock」の Bluetooth eKey で置き換える必要がある。ドア穴は一般的な54ミリ対応なので、ほとんどのドアに取り付け可能だという。

Bluetooth eKey の取り付け方法
Bluetooth eKey の取り付け方法

「Genie Smart Lock」は、プリオーダー受付中。価格は249ドル。これには、従来型のカギ2本、Bluetooth FOB 1個、Bluetooth eKey 2セットが含まれる。

従来型のカギと Bluetooth FOB  FOB があれば、スマートフォンが無くても解錠できる
従来型のカギと Bluetooth FOB
FOB があれば、スマートフォンが無くても解錠できる

Bluetooth eKey は2セット同梱される
Bluetooth eKey は2セット同梱される