新鮮な“とろろ”をいつでも!長いもの冷凍保存法
長いもの冷凍保存法をご紹介。凍ったまますりおろして“とろろ”にすることができ、納豆やおそばなどのトッピングに役立ちます。
原材料 長いも
ツール ラップ、フリーザーバッグ
作業時間 10分
1. 長いもは皮をむき、握りやすい長さ・太さに切り分けます。
2. 1~2本ずつラップに包み、フリーザーバッグに入れて空気を抜いてから封をします。
3. 冷凍庫に入れて保存します。保存可能な期間の目安は約1か月。
4. 凍ったままの長いもの片端にキッチンペーパーを巻いてから握り、おろし器ですりおろします。

長いもの冷凍保存法&すりおろし方

納豆やおそばなどを食べるときにあると嬉しい“とろろ”。実は長いもを冷凍保存しておくことで、いつでも“おろしたて”を用意できるようになるんです。その方法をご紹介します。

長いもの冷凍保存法&すりおろし方

材料

・ ラップ
・ フリーザーバッグ

手順

1.長いもは皮をむき、握りやすい長さ・太さに切り分けます。

ステップ1長いもの冷凍保存法&すりおろし方
皮をむいた長いもを握りやすいサイズにカット

2.1~2本ずつラップに包み、フリーザーバッグに入れて空気を抜いてから封をします。

長いもの冷凍保存法&すりおろし方
1~2本ずつラップに包み、

ステップ2とろろに便利な長芋の冷凍保存法
フリーザーバッグに入れて封をします

3.冷凍庫に入れて保存します。保存可能な期間の目安は約1か月。

ステップ3とろろに便利な長芋の冷凍保存法
冷凍庫で1か月程度保存可能

4.凍ったままの長いもの片端にキッチンペーパーを巻いてから握り、おろし器ですりおろします。すりおろされた長いもはシャーベット状ですが、スプーンでかき混ぜるとふんわり&ねっとりとしたとろろになります。

とろろに便利な長芋の冷凍保存法
カチカチに凍った状態

ステップ4とろろに便利な長芋の冷凍保存法
凍ったまますりおろします

とろろに便利な長芋の冷凍保存法
シャーベット状ですが、

とろろに便利な長芋の冷凍保存法
スプーンで混ぜると、

とろろに便利な長芋の冷凍保存法
ふわふわのとろろに

すりおろした冷凍長いもは、無垢な白色&なめらかな舌触りでまさにとろろ。ひんやりとした冷たさが残っているので、少し常温に戻してからのほうがおいしくいただけます。

手順はシンプルですが、カチカチに凍って固い分、すりおろすのに少し時間がかかるのは注意ポイント。手で握っている部分の長いもが体温で溶け出すと、キッチンペーパーで巻いていてもネバネバしてくるので、1度にたくさんすりおろすのは難しいといえます。1回にすりおろす量は納豆1パック分、おそば1人前分くらいを想定するとムリがないと思います。

健康や美容によいとされる長いもを、毎日でも食事に取り入れられる冷凍保存法。大きな長いもを買ったときは一部を取り分けて、冷凍庫に入れておいてはいかがでしょうか。

長いもの冷凍保存法&すりおろし方
大きな長いもを買ったときは一部を冷凍保存しておいては?