ジップロックのごはん保存容器

まとめて炊いて冷凍保存する家庭も多い“ご飯”。その際に使う保存容器にちょっとこだわると、上手に解凍しやすくなりおすすめです。

この記事ではえんウチでご紹介した“ご飯の保存容器”の中から、3商品をピックアップ。ご飯を冷凍する際の参考にしてみてください。

■ ジップロック コンテナー ごはん保存容器 一膳用

ジップロックのごはん保存容器

ジップロック コンテナー ごはん保存容器 一膳用」は、底にエンボス加工が施された薄型の保存容器。細かな凹凸が冷凍ご飯を解凍する際に出る水滴をキャッチ。べたつくことなく全体がムラなく解凍され、1粒1粒ふっくらと温まります。

ジップロックのごはん保存容器
底がエンボス加工されており、

ジップロックのごはん保存容器
冷凍ご飯を解凍する際に出る水分をキャッチ
べたつきを防ぎます

容量はごはん一膳分が入る290ml。2個セットで価格帯は300~400円前後です。

■ キチントさん ごはん冷凍保存容器

キチントさんごはん保存容器

キチントさん ごはん冷凍保存容器」は、底の中央がポコンと盛り上がった丸型の保存容器。冷凍ご飯の中央がくぼむことで、加熱ムラを防ぎ、ふっくらおいしく解凍することができます。蒸気弁がついているため、フタを外さずに電子レンジに入れられるのもポイント。

キチントさんごはん保存容器
底の中央が盛り上がっており、

キチントさんごはん保存容器
全体をムラなく加熱

キチントさんごはん保存容器
丸型なのでそのまま茶碗に盛り付けられます

3つのサイズ(小盛、一膳、大盛)がラインナップ。一膳分5個セットの場合の価格帯は400円前後です。

■ プライム パックスタック 絶品ごはん保存

エビスのごはん保存容器

プライム パックスタック 絶品ごはん保存」は、「外容器」と「内容器」の二重構造になった保存容器。熱々のご飯を入れても外に熱が伝わりにくいのがメリット。炊き立てご飯の風味が逃げる前に冷凍庫に移すことができます。

エビスのごはん保存容器
外容器と内容器の二重構造

エビスのごはん保存容器
外側に熱が伝わりにくいので、まだ熱いご飯を冷凍庫に入れられます

電子レンジでおいしく解凍するための仕掛けもあります。内容器の底は凸型になっており、加熱ムラが生じるのを防止。二重構造やフタ裏側にある小さな突起により、水分もうまく循環するようになっています。

エビスのごはん保存容器
おいしく解凍するための仕掛けいろいろ

容量は250mlで、価格帯は2個セットが500円前後。容量375mlの「大盛り」タイプも展開されています。

余談ですがご飯を冷凍する際は、風味が落ちすぎないよう、粗熱が取れたらすぐに冷凍庫に入れるのがおすすめです。炊き立てのおいしさにはかなわなくても、ちょっとの工夫を重ねてできるだけおいしくいただきましょう!