コジット「スリムくるくるハンガー」
考えた人天才!?

広げて干さないと乾きにくいシーツやタオルケットなどの大きな洗濯物。ベランダではスペースが確保できても、ゲリラ豪雨で取り込んだらバスルームやお部屋に干す場所がなくて困ってしまうことはありませんか?

コジット「スリムくるくるハンガー」
干す場所を選ぶ大物たち

そんな大物洗濯物を、省スペースで干せるハンガーを発見!コジットの「スリムくるくるハンガー」をご紹介します。

コジットの「スリムくるくるハンガー」
コジット「スリムくるくるハンガー」

この商品は、ステンレス製のワイヤー部分がらせん状になったハンガー。このらせんに沿って洗濯物をかけることで、中に空気を通しながら洗濯物が干せる仕組みになっています。

コジット「スリムくるくるハンガー」
らせん形状がポイント

使い方は、洗濯物を半分に畳んで片手に持ち、吊り下げたハンガーの外側から中心に向かって少しずつ通していくだけ。ハンガーの先端にはキャップ付きで、急いで干しても引っかからずスムーズに干せます。

コジット「スリムくるくるハンガー」

コジット「スリムくるくるハンガー」
半分に畳んだ折り目を

コジット「スリムくるくるハンガー」
中心に向かって少しずつ通していきます

画像はシングルサイズのタオルケットですが、しっかり広げて干してもまだまだ余裕あり。セミダブルシーツ(幅190cm、耐荷重約4kg)まで対応しており、バスタオルなら2枚程度、カーテン、ベッドカバーにも使えます。

コジット「スリムくるくるハンガー」
風通しが良いので晴れの日ならいつも通り乾きます

フックの長さは約16cm。筆者宅のバスルームの物干しでも裾が下に付かず、全体の幅は35cm程度に収まるのでピンチハンガーと並べてかけられました。

コジット「スリムくるくるハンガー」
こんなに干せるなんて…!

フックを折りたたむとスリムになるため、洗濯機の脇などちょっとしたすき間に収納可能。毎日使わない場合も邪魔になることはありません。

コジット「スリムくるくるハンガー」

花粉時期から梅雨、天気が変わりやすい夏まで一年中あると助かる「スリムくるくるハンガー」。筆者はホームセンターで購入、価格は1,280円(税別)でした。