ハロウィンのキャンディポット

プチプラで手軽にハロウィン気分♪100円ショップの商品で楽しむアイデア3つをご紹介します。

ハロウィンジャーライト

ハロウィンジャーライト

ハロウィンジャーライト」は、ガラスジャーの中に作った小さな“ハロウィンの庭”。用意するのは「フタ付きのガラスジャー」、「水苔」、「インテリアLEDオーナメントライト」、「フェイクグリーン」、「ミニチュア雑貨」など。100円ショップで購入できるものばかりです。

ハロウィンのジャーライト

ハロウィンのジャーライト

まずはジャーに水苔や手頃な小石を詰めて土台を作成。その上にフェイクグリーンやジャック・オ・ランタンなどを自由に配置します。点灯したLEDライトをフタの裏に両面テープで貼りつけ、ビンにかぶせたら完成。暗い所に置けば、小さくて幻想的な世界を堪能できます。

ハロウィンのジャーライト

ハロウィンのジャーライト

ハロウィンのジャーライト

ハロウィンのジャーライト

ハロウィンのジャーライト

キャンディポット

ハロウィンのキャンディポット

見て楽しい、開けて楽しい「キャンディポット」を100均で自作するアイデア。用意するものは植木鉢(あれば受け皿も)、フタ付きの透明なコンテナ、引き出し用のつまみ。全体のバランスを見ながらガラス瓶やミニバケツに変えるのもありです。

ハロウィンのキャンディポット

材料が揃ったら、グルーガンや瞬間接着剤の出番。ひっくり返した植木鉢につまみを付け、さらに鉢底にコンテナを接着。コンテナのフタに植木鉢の受け皿をくっつけたら完成です。カボチャのオーナメントを付けるとよりハロウィンらしいムードにまとまります。

ハロウィンのキャンディポット

ハロウィンのキャンディポット

ハロウィンのキャンディポット

ハロウィンのキャンディポット

ハロウィンのキャンディポット

できあがったコンテナにお菓子を入れたら最高のワクワク感!シールを貼ったり、スプレーで色付けしたりと自由に見た目をアレンジして楽しんでくださいね。

ハロウィンのキャンディポット

ハロウィン柄のクッキングシート

ハロウィンのクッキングシート、アルミホイル、ポリ袋

100円ショップにたくさん登場しているハロウィン柄のクッキングシートやアルミホイル、ポリ袋。お菓子を包んだりするのはもちろん、皿の敷き紙にするのもおすすめです。

ハロウィンのクッキングシート

ハロウィンのクッキングシート、アルミホイル、ポリ袋

ハロウィンのクッキングシート、アルミホイル、ポリ袋

デザインは定番のお化けやクモの巣、ジャック・オ・ランタンのほか、ユニコーンを描いたゆめかわいい柄や、ディズニーキャラクターをあしらったものも。使い切れなかった場合は来年のハロウィンのために取っておくのも良いですね。

ハロウィンのクッキングシート、アルミホイル、ポリ袋

本番まであと数日でも、駆け込みでハロウィンムードを演出できる100均グッズ&活用法。時間と予算に合わせて試してみてはいかがでしょうか。上記3つのアイデアの詳細は、本文に貼られているリンク先の記事をご参照ください。

(C)Disney