インスタントカメラチェキ「instax SQUARE SQ1」

富士フイルムのインスタントカメラ「instax(インスタックス)」シリーズから、スクエアフォーマットのフィルムに対応した「instax SQUARE SQ1」が11月6日に発売されます。カメラデザインも操作性もシンプルさを追求したエントリーモデル。

1998年の発売以来、日本で“チェキ”の愛称で親しまれているインスタントカメラ「instax」シリーズは、世界100か国以上で若者を中心に人気のあるカメラ。今回発売される「SQ1」は、撮影範囲が広い正方形フィルム「スクエアフォーマット」に対応しており、シーンを選ばず持ち歩けるシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴です。

操作ボタンはシャッターボタンのみ。電源を入れ、カメラを構えてシャッターボタンを押すだけでカメラが自動で周囲の明るさを感知し、撮影シーンに合わせて最適なシャッタースピードや、フラッシュ光量を調整するオート露光機能が搭載されています。

インスタントカメラチェキ「instax SQUARE SQ1」
室内や暗い場所でも被写体と背景が適切な明るさに

インスタントカメラチェキ「instax SQUARE SQ1」
セルフィーモードも搭載

カメラの形状は正方形をベースに握りやすい丸みを持たせたグリップを備え、飽きのこないマットな質感に。テラコッタオレンジ、グレイシャーブルー、チョークホワイトの3色が用意されています。

インスタントカメラチェキ「instax SQUARE SQ1」

インスタントカメラチェキ「instax SQUARE SQ1」

また、様々な写真表現が楽しめる専用フィルムの新商品も登場。フィルムのフレーム部分にさまざまなグラデーションが施された「RAINBOW(レインボー)」と、モノクロ写真が撮れる「MONOCHROME(モノクローム)」の2種類が同日に発売されます。※いずれも価格はオープン

インスタントカメラチェキ「instax SQUARE SQ1」