さつまいものフライパンでの蒸し方

ホクホクに加熱すれば、塩を振ったり、バターをのせたりするだけで美味しいさつまいも。オーブントースターや蒸し器を使うと便利ですが、どこの家庭にもあるとは限りませんよね。

この記事ではオーブントースターや蒸し器を使わないさつまいもの蒸し方&焼き方を3つピックアップ。フライパンや魚焼きグリルなどで手軽に実践できます。

フライパンで蒸かすさつまいも

フライパンで蒸かすさつまいも

普通のフライパンでさつまいもを蒸かす方法。まずはフライパンに深さ1~2cmくらいで水を入れます。続いてオーブンシートを敷き、きれいに洗ったさつまいもを丸ごと入れます。

フライパンで蒸かすさつまいも

蓋をしたら中火で加熱し、蒸気が出てきたら弱火にしてそのままにすること15~20分。いったん蓋を開けて上下を返し、さらに15~20分ほど加熱します。フライパンのお湯が途中で無くなりそうになったら水を足し、加熱時間を調整しましょう。竹ぐしを刺してみて、スッと中まで通ればできあがりです。

フライパンで蒸かすさつまいも

フライパンで蒸かすさつまいも

たっぷりの蒸気で加熱されたさつまいもは、美しい黄金色の仕上がり。ほどよいほっくり感としっとり感を備えています。そのままはもちろん、サラダや煮物などの料理、茶巾絞りやスイートポテトなどのスイーツに使うのもおすすめです。

フライパンで蒸かすさつまいも

フライパンで蒸かすさつまいも

魚焼きグリルで焼くさつまいも

魚焼きグリルでさつまいもを焼く方法

コンロに備え付けの魚焼きグリルでさつまいもを焼く方法。まずきれいに洗ったさつまいもをアルミホイルで包みます。

魚焼きグリルでさつまいもを焼く方法

魚焼きグリルに入れ、弱火~中火で20~25分ほど焼きます。火を止めた後は15分ほどそのままにしておき、余熱でさらに火を通します。片面焼きグリルの場合は、途中で裏返して逆の面を焼くようにしましょう。

魚焼きグリルでさつまいもを焼く方法

魚焼きグリルでさつまいもを焼く方法

魚焼きグリルでさつまいもを焼く方法

焼きあがったさつまいもは、石焼き芋を思わせるホックホクの食感!水分を加えずに加熱したことで、甘みがぎゅっと濃縮されています。筋っぽくなりやすい端っこまで、ホロッとしたホクホク感でおいしい!なお、魚焼きグリルの機種によっては過熱防止機能が作動するので、焼くのを適宜中断しながら加熱時間を調整する必要があります。

魚焼きグリルでさつまいもを焼く方法

炊飯器で蒸かすさつまいも

炊飯器で蒸かすさつまいも

炊飯器の早炊き機能を使ってさつまいもを蒸かす方法。さつまいも(中1本)と水(150ml)を炊飯器の内釜に入れ、早炊きモードで炊飯開始します。

炊飯器で蒸かすさつまいも

炊飯器で蒸かすさつまいも

釜に入れた水分がなくなったら加熱が終わるので、さつまいもにつまようじを刺して火が通っているかをチェック。まだ硬い場合は水を50~100ml追加し、再び早炊きボタンを押して加熱します。再度加熱する場合は時々状態をチェックし、やわらかくなったら炊飯途中でもストップします。

炊飯器で蒸かすさつまいも

炊飯器の中でしっかり蒸されたさつまいもは、電子レンジを使った場合と比べてしっとり、食べやすい仕上がり。さつまいもの甘みも程よく引き出されています。必要な加熱時間はさつまいもの太さによって変わるため、適宜調整は必要ですが、ボタンをポチっとするだけでOKの気楽な蒸かし方です。

炊飯器で蒸かすさつまいも

自宅にあるアイテムを使って気軽にできるさつまいもの蒸し方&焼き方。おいしそうなさつまいもが手に入ったら試してみてはいかがでしょうか。詳しい手順は本文に貼ってあるリンク先の記事をご参照ください。過去にご紹介した便利グッズ「魔法の焼きいも鍋」や「石焼きいも黒サンホイル」もおすすめです。