包丁不要!いちごのヘタ取り方法
いちごのヘタを、ストローを使って簡単に取り除く方法。ヘタの周りを残してしまうお子さんやジャム作りに。
原材料 いちご
ツール プラスチックストロー
作業時間 1分
1. 洗ったいちごの先端にストローをあてる
2. そのままヘタに向かって押し出す
3. ヘタをつまんでストローから取り出す

ストローでいちごのヘタ取り
簡単&無駄なし!

甘酸っぱいいちごがおいしい季節。ジャム作りや子どものためにヘタを取る人もいるかと思いますが、包丁で切り落とすと白い部分が残って無駄になってしまうことはありませんか?

ストローでいちごのヘタ取り

ストローでいちごのヘタ取り
ヘタの周りが無駄になってしまうことも…

今回はそんないちごのヘタを、身近なもので取り除く方法をご紹介。驚くほど簡単にできるのでどんどんやりたくなっちゃいますよ♪

用意するもの

・ いちご
・ プラスチックストロー

ストローでいちごのヘタ取り
コンビニでもらえるものなどでOK

やり方

1.洗ったいちごの先端にストローをあてる

ステップ1ストローでいちごのヘタ取り

2.そのままヘタに向かって押し出す

ストローでいちごのヘタ取り

ステップ2ストローでいちごのヘタ取り

3.ヘタをつまんでストローから取り出す

ステップ3ストローでいちごのヘタ取り

ヘタと根元の固い部分だけがすぽっと抜ける感覚は何度やっても快感!ストローに詰まった果肉もつながって抜けるので次々作業が可能です。

ストローでいちごのヘタ取り

ヘタにくっついた果肉はそのまま食べるか、ジャムを作る場合は切り落として加えれば無駄なし。おいしいいちごを余すことなく堪能できるのでぜひお試しを。なお記事では一般的な直径5mmのストローを使用していますが、粒が大きい品種で試す場合は適宜サイズを調整してみてください。

ストローでいちごのヘタ取り
この部分もおいしくいただけます