セリア「鮮度保持袋」

冷蔵庫にストックする際に便利!100円ショップで見つけた野菜の保存グッズ3つをご紹介します。

フリーザーバッグ 野菜用

フリーザーバッグ野菜用

ビッグなサイズ感(縦280×横350×マチ100mm)が特徴のフリーザーバッグ。キャベツや白菜など丸ごと買う機会の多い大きな野菜や、葉を折りたくない野菜などをすっぽりそのまま保存することができます。

フリーザーバッグ野菜用

フリーザーバッグ野菜用
大きな野菜がすっぽり

たっぷり確保されたマチで自立するので、大量に買ったお米を小分けにして野菜室で保存する際にも便利。空気をしっかり抜いてジッパーを閉じれば鮮度も保てます。シンプルなロゴデザインもキッチンをオシャレに演出してくれます。4枚入りで100円(税別)。

フリーザーバッグ野菜用
お米にも

詳しくはこちら>>「フリーザーバッグ 野菜用

鮮度保持袋

セリア鮮度保持袋

鮮度保持袋は青果の保存に適した袋。袋に配合された成分が青果から発生するガスを吸収。袋の中の湿度を適度に保つことで、熟れすぎや腐敗を遅らせるとされています。

セリア鮮度保持袋
青果の熟れすぎや腐敗を抑制

この鮮度保持袋に入れた場合と入れない場合で検証したところ、ほうれん草は買ったときの袋で保存したものよりハリが続き、バナナの熟成も遅らせることができました。

セリア鮮度保持袋
ほうれん草や

セリア鮮度保持袋
バナナで効果を実感

なおこの鮮度保持袋に入れても、日数とともに味は落ちてしまうという現実も。なかなか使い切れない場合は冷凍保存するなど、状況によって判断すると安心です。

詳しくはこちら>>「鮮度保持袋

野菜フレッシュキーパー

セリア野菜フレッシュキーパー

キャベツやレタス、白菜、ブロッコリーなどの芯がある野菜に刺して使う鮮度保持グッズ。野菜の芯にある成長点を壊すことで、成長スピードを抑えることができるとされています。2個セットで100円(税別)。

セリア野菜フレッシュキーパー

セリア野菜フレッシュキーパー

セリア野菜フレッシュキーパー
刺してからさらにポリ袋に入れるとベター

レタスとブロッコリーに使ってみたところ、レタスはしっかりハリが残った状態。ブロッコリーもつぼみが開くことなく、買ったときと変わらない見た目でした。野菜をまとめ買いしたり、大量にもらったりしたときにあると安心できるアイテムです。

セリア野菜フレッシュキーパー
レタスとブロッコリーの鮮度をキープ

詳しくはこちら>>「野菜フレッシュキーパー

すぐに使いきれない野菜・果物を便利に保存できる100均アイテム。キッチン用品のコーナーでチェックしてみてはいかがでしょうか。人気シリーズ「食材の保存方法・調理のコツ」もぜひご参照ください。