ローラメルシエ「ハンドクリーム アンバーバニラ」

“人類モテの香り”として話題になった、ローラメルシエの「アンバーバニラ」。人気の「ホイップトボディクリーム アンバーバニラ」が6,000円超えで買うのを迷っていたところ、もう少しお手軽な「ハンドクリーム アンバーバニラ」を発見。実際に使ってみたら香りの虜になりました。

ハンドクリーム アンバーバニラ

手もとから香りを楽しめるハンドクリーム。成分としてブドウ種子油やシア脂、オリーブ果実油、アロエベラ葉汁、ハチミツエキス、コーヒー種子エキス、カカオエキス、バニラ果実エキスなどが使われています。内容量は50gで価格は1,980円(税込)。

ローラメルシエ「ハンドクリーム アンバーバニラ」

ふわっとなめらかなテクスチャー。少量でも良く伸びて、手肌にやさしく馴染みます。塗った直後はわずかにベタつきがあるものの、マッサージしながら馴染ませているうちにサラッとした仕上がりに。爪のキューティクル部分や特に乾燥が気になる部分には重ね付けがおすすめです。

ローラメルシエ「ハンドクリーム アンバーバニラ」

特筆すべきはやはりその香り。名前の通り濃厚なバニラをメインにしながらも“ただ甘いだけ”ではないのがポイント。甘さの中にほんのり色気を含んだ深みのある仕上がり。手を顔の近くで動かす度にふわんと漂う香りにとても癒やされます。塗った直後よりも時間が経ってからの方がまろやかで大人っぽい香りに感じました。

ちょっと面倒な保湿のひと手間が癒やしの時間に変わる「アンバーバニラ」の香り。お風呂上がりに首元に塗ると、華やかな香りに包まれながら眠ることができます。少量でも香りが強く、持続時間も長めなので香水がわりにも使えそうです。

ローラメルシエ「ハンドクリーム アンバーバニラ」