ピーターラビット イングリッシュガーデン

2022年春の「ピーターラビット イングリッシュガーデン」開業を富士急行が発表。富士山と花々の共演が楽しめる新名所として展開されます。

開業予定の「ピーターラビット イングリッシュガーデン」は首都圏最大級となる英国式庭園。富士山の春の風物詩としてお馴染みの「富士芝桜まつり」会場である富士本栖湖リゾート内に誕生します。

庭園内では、英国の湖水地方の農園を舞台にした世界中で愛される物語「ピーターラビットのおはなし」絵本シリーズの世界観を再現したスポットで写真撮影を楽しめるほか、作品に登場する様々なアイテムをモチーフにしたメニューが味わえるカフェ、ピーターをはじめたくさんのキャラクター達に出会えるミュージアム、オリジナル商品が揃うショップなどが展開。イングリッシュガーデンのデザイン監修は英国人ガーデンデザイナーのマーク・チャップマン氏が手掛けています。

施設概要

■ 所在地
山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212(富士本栖湖リゾート)
■ 内容
・ イングリッシュガーデン
・ センターハウス(ショップ、ミュージアム、トイレ他)
・ カフェ
■ 面積
約4,600平方メートル
■ 開業
2022年4月(予定)
■ アクセス
中央自動車道・河口湖ICより約25分、東名高速道路・富士ICより約50分