「タイガーカスタムボトル」からアウトドア向きモデル -- ぬれた手もすべりにくい塗装

タイガー魔法瓶「タイガーカスタムボトル」から、アウトドア向きの新ラインナップ「MCZ-D型・MCZ-E/F型」が登場。7月6日より販売されています。

「タイガーカスタムボトル」は、人権・健康・環境訴求に特化をしたD2C(Direct to Consumer)サイト「タイガーボトルサイト」で展開するシリーズ。新発売となるMCZ型の本体は、7種類のカラー、3種類の容量(400ml/600ml/800ml)がラインナップ。内面には環境負荷の高いフッ素コートを使わず、同等レベルの防染を独自の電解研磨技術「スーパークリーンPlus(プラス)」加工により実現しています。独自のスピニング加工で持ち運びしやすい軽量設計。パウダーコーティング塗装でぬれた手でもすべりにくいため、スポーツやアウトドアにも適しています。

「タイガーカスタムボトル」からアウトドア向きモデル -- ぬれた手もすべりにくい塗装

「タイガーカスタムボトル」からアウトドア向きモデル -- ぬれた手もすべりにくい塗装

栓は、持ち運びに便利な「ハンドルせん」、くつろぎ時間に適した「コップせん」の2種類から選択可能。どちらの栓も抗菌加工が施されており、抗菌製品技術協議会が制定したSIAAマークを取得しています。

「タイガーカスタムボトル」からアウトドア向きモデル -- ぬれた手もすべりにくい塗装

「タイガーカスタムボトル」からアウトドア向きモデル -- ぬれた手もすべりにくい塗装