「サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ」新カラーに -- 余熱で煮込む省エネ調理器

カラーが一新された「サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3001/4501)」がサーモスから登場。9月1日より販売されます。

サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ

「サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ(KBJ-3001/4501)」は、余熱で火を通す「保温調理」ができる調理器。調理鍋に材料を入れて短時間煮立てたら、保温容器に入れます。ステンレス製魔法びん構造の高い保温力を持つ保温容器が、調理鍋ごと料理を高温に保ち、とろ火にかけたようにじっくり煮込む仕組み。保温調理中はガスや電気を使わず、コンロにつきっきりになる必要がないので、省エネ&手間を省く効果があります。

「サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ」新カラーに -- 余熱で煮込む省エネ調理器

「サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ」新カラーに -- 余熱で煮込む省エネ調理器

調理鍋は3層ふっ素コーティング加工でこびりつきにくく、手入れが簡単。フタは調理中に鍋の中が見える強化ガラスを採用。サイズは3~5人用の2.8Lと、4~6人用の4.3Lの2種類が用意されています。カラーバリエーションは、光沢があり高級感あふれるレッドとクールグレーの2種類。

「サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ」新カラーに -- 余熱で煮込む省エネ調理器

「サーモス 真空保温調理器シャトルシェフ」新カラーに -- 余熱で煮込む省エネ調理器