災害時やキャンプに!ポリ袋でご飯を炊く方法
ポリ袋でご飯を炊く方法をご紹介。災害で電気が使えないときやキャンプの時などに便利。水の代わりに野菜ジュースを使うこともできます。
材料 ( 2~3人分 )
150g
水(または野菜ジュース) 200ml
ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも

災害で電気が使えないときやキャンプの時などに。ポリ袋と鍋を使ってご飯を炊く方法をご紹介します。ポリ袋は耐熱性のあるアイラップなどを使います。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
耐熱性のあるポリ袋使用

ポリ袋でご飯を炊く方法

材料

・ 米 150g
・ 水(または野菜ジュース)200ml

炊き方

1.ポリ袋に米と水を入れて中の空気をしっかり抜き、袋をねじり上げるようにして上の方で結びます。20~30分おきます。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
ポリ袋に米と水を入れ、

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
20~30分おきます

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
水の代わりに野菜ジュースを入れてもOK

2.鍋に皿を敷いてポリ袋をのせ、全体が浸るまで熱湯を注ぎます。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも

3.フタをして点火し、沸騰したら、弱めの中火で20分加熱します。ポコポコと軽く沸騰している状態が続くようにしましょう。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも

4.20分経ったら火を止めて、15分以上待ったらできあがり。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも

ポリ袋の中でしっかり水を吸い込んだお米ですが、炊飯器で炊いたお米と比べると、少々パサつきがあり、甘みも少なめ。「このまま食べておいしい!」という感じではありませんが、カレーや丼ものにするには十分な仕上がりです。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
少しかための仕上がり

水よりもおすすめは、トマトジュースなどを使うこと。程よい塩気や風味、甘みが加わり、食べやすくなります。炊く際に粉チーズやツナ缶、コーンを入れれば、シンプルなピラフとして成立。被災時など水の使用を抑えなければならないときは、買い置きの野菜ジュースで炊飯するのも一案ですね。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
水の代わりに野菜ジュースを入れると、

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
ほどよい風味がつき、味わいアップ

ご飯が炊けた後は、鍋に残ったお湯でレトルトパウチを温めることもできる“ポリ袋で炊飯”。いざというときに慌てずにすむよう、平時に試しておくと安心です。なお今回は無洗米を使っていますが、普通のお米も研がずに同じように炊飯することができます。

ポリ袋でご飯を炊く方法 -- 災害時やキャンプに!野菜ジュースでも
残ったお湯でレトルトパウチを温めれば、水の節約に