Elephant in the ROOM」は、電源コンセントアクセサリ。これを取り付ければ、コンセントはゾウになり、差し込まれた電源ケーブルはゾウの鼻になります。


「Elephant in the ROOM」の魅力は、差し込む電源ケーブルの色や形の違いで、ゾウの表情が変化すること。鼻が変わるだけで顔の表情ってこんなに違うんだ!と、再認識できます。そういえばどこかで見かけた「自分の顔で整形したいパーツランキング」では、1位が「目」で2位が「鼻」でした。

以下で紹介するのは、製作者の Gal Bulka さんと Idan Noyberg さんが公開している画像。様々なケーブルが取り付けられた「Elephant in the ROOM」を撮影したものです。ゾウの表情の変化が楽しめますよ!

1. 白い電源ケーブル:これがもっともゾウらしく見える電源ケーブル。鼻だけでなく、目もついているように見えます。

両手(?)を揃え、お行儀のよいゾウさんです
両手(?)を揃え、お行儀のよいゾウさんです