ココナッツの木から作られた食器で、1年前の台風で大きな被害を受けたフィリピンを支援してはどうでしょうか。フィリピン産ココナッツの輸入/製品製造/販売を手がけるココウェルから、復興支援活動「ココウッドプロジェクト」を通じ、ココナッツの木で作ったお皿やカトラリー「COCO no Ki(ココの木)」シリーズが11月8日に発売されます。利益の50%がプロジェクトに参加する現地農家の収入になるほか、台風で倒れたココナッツの木を有効活用できるうえ、現地での雇用創出につながるため、被災農家の継続的な支援が可能です。

ココナッツの木から作られた COCO no Ki  フィリピンの被災農家を支援できます
ココナッツの木から作られた COCO no Ki
フィリピンの被災農家を支援できます

フィリピンに甚大な被害を与えたのは、2013年11月8日にフィリピン中部に上陸した台風30号(国際名:Haiyan/ハイエン、フィリピン名:Yolanda/ヨランダ)。この台風は多くの死者や被災者を出し、フィリピン全体の1割に相当する約3,400万本ものココナッツの木が倒壊したそうです。その結果、多くの農家が生活の糧を失ってしまいました。

フィリピン・レイテ島タクロバン市周辺の衛星写真  上:被災前(2006年9月撮影)  下:被災後(2013年11月13日撮影)  (出典:Google)
フィリピン・レイテ島タクロバン市周辺の衛星写真
上:被災前(2006年9月撮影)
下:被災後(2013年11月13日撮影)
(出典:Google)

ココウェルは、台風来週直後の11月10日に支援活動を始め、その後2014年3月にココウッドプロジェクトを開始。そもそも現地の農家はココナッツの木で食器や雑貨などをほとんど作らないため、ココウェルがチェーンソーや加工機械の機材を提供し、フィリピン貿易産業省(DTI)と協力して技術トレーニングも行いました。こうして、食器/雑貨ブランド COCO no Ki が生まれたのです。

COCO no Ki は、落ち着いた風合いが特徴で、第1号製品のラインナップは以下のとおり(価格はすべて税別)。

【カトラリー】
・箸:700円
・スプーン、フォーク、ナイフ(中):各700円
・スプーン、フォーク(小):各500円

【食器】
・皿(直径 21cm):2,000円
・椀(直径 17.5cm、深さ 3.5cm):2,000円

ココウェルは、今後カトラリーの種類を増やし、製品にアクセサリーを加えるなど品ぞろえを充実させていく予定です。

落ち着いた風合いが特徴
落ち着いた風合いが特徴