Bluetooth 対応オーディオと間接照明が一体になったヤマハのオーディオシステムシリーズ『Relit(レリット)』から、新たに「LSX-70」「SX-170」の2モデルが11月中旬より順次発売される。

“灯り”と音楽を融合したオーディオシステム「Relit」
“灯り”と音楽を融合したオーディオシステム「Relit」

今回発売される2モデルは、いずれもヤマハ独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」や、小音量での再生時にも安定したサウンドを実現する「ラウドネスコントロール」機能を搭載。床・テーブル・棚などさまざまな設置環境に対応したチューニングが施されており、360°周囲への音の広がりが楽しめるそうだ。

11月中旬発売予定の LSX-70 は、持ち運び可能な充電対応型モデル。内蔵の充電式バッテリにより、約8時間の連続再生を可能とする。サイズは W94×H241×D94mm で重さは950g。サンライトゴールド、ダスクブロンズ、ナイトブラックの3色が用意されている。価格は4万5,000円。

色々な場所に持ち運べる「LSX-70」
色々な場所に持ち運べる「LSX-70」

カラーバリエーション
カラーバリエーション

一方 SX-170 は、円錐台の重厚な存在感と神秘的な光で空間を演出する据え置きモデル。発売は12月中旬を予定している。サイズは W271×H290×D271mm で重さは3.3kg。カラーバリエーションは同じくサンライトゴールド、ダスクブロンズ、ナイトブラックの3色。価格は6万円。

神秘的に光る「SX-170」
神秘的に光る「SX-170」

カラーバリエーション
カラーバリエーション

SX-170 には操作用リモコンが付属するほか、2モデルとも専用アプリ「DTA CONTROLLER」に対応しており、スマートフォンなどの画面上でライトの光量調節や音楽の再生/停止、楽曲選択、タイマー設定といった操作が可能。商品は全国のインテリアショップで購入できる。

※表記価格はすべて税別