プラチナ万年筆から、日本を代表する屏風画「風神雷神図」が軸ボディに描かれた金沢箔万年筆「風神雷神」が12月25日に発売される。価格は3万円(税別)。

華やかな屏風図を万年筆で楽しむ
華やかな屏風図を万年筆で楽しむ

この商品は、金沢箔「もみちらし」技法を施したボディに、17世紀頃に俵屋宗達によって描かれた「風神雷神図」を近代蒔絵の技巧で描き重ねたもの。薄く延ばした金箔をあえて小さく砕き、貼り合わせる伝統技法を施すことで、背景の奥行き感や深みのある上品な輝き、躍動感がより一層際立っているそうだ。

黄金色に輝く逸品
黄金色に輝く逸品

機能面では、「#3776 センチュリー」シリーズでも使われているインク乾燥防止の完全機密キャップを採用。年に数回しか使用しないユーザーも、いつでも“さらっと”したインクの状態で書き出せるそうだ。

サイズは全長139.5×最大径15.4mm で、重さは18.8g。ペン先は大型14金ペン。カートリッジインク(1本)、コンバーター、桐箱が付属する。