米国ミネアポリスの広告代理店 Carmichael Lynch は、「Censorship Towel(モザイクタオル)」を考案した。このタオルを巻いて写真を撮れば、身体にモザイクをかけているかのように見える。

身体にモザイクをかけられる「Censorship Towel(モザイクタオル)」
身体にモザイクをかけられる「Censorship Towel(モザイクタオル)」

「モザイクタオル」は、濃淡のあるモザイク状の模様がついたタオル。人の肌に近いカラーを採用しているため、身にまとえばその部分がモザイク処理されているように見えるという仕組みだ。

こうして見ると、ただのタオルだ
こうして見ると、ただのタオルだ

このタオルを身体に巻いてビーチなどを歩けば、多くの人々の視線をくぎ付けにできる、と考案者は主張している。

とはいうものの、「モザイクがかかっているようには見えない」という人も多いだろう。そのような人は画面から少し離れ、目を細めて見て欲しい。すると、モザイクがかかったように見えるはずだ。

Carmichael Lynch によれば、残念ながら「モザイクタオル」を製品化する予定はないという。理由は「需要が見込めないから」だそうだ。

ふんぬっ
ふんぬっ