お弁当をかわいくデコレーションする“デコ弁”。子どものお弁当に限らず、今や“大人のデコ弁”を作る人も多いのだとか。確かに日々休憩室で同僚とお昼を食べていると、何となくお互いのお弁当を見てしまいますよね。

そんな時人気キャラとまではいかないまでも、ちょっとでも“オシャレ”感を漂わせたいのがアラサー OL というもの。でもデコ弁グッズとして売られている抜型やゆで卵成型グッズは、どこか子どもっぽいものばかり…。

オトナ女子のデコ弁って?
オトナ女子のデコ弁って?

そこで今回ご紹介するのは、卵角型成型器「エッグフォード」。ゆでたまごを四角く成型するだけでなく、動物柄を付けることもできるのだとか!

こんなグッズがあったとは!
こんなグッズがあったとは!
 
◆四角い卵に動物が浮き出る…はず

片手に収まるコンパクトなケースの中には、スタンプのようなパーツと6種類のイラストプレートが入っています。プレートにはまるで子どもの頃使っていたおもちゃのような、かわいらしい動物柄。調理グッズには珍しい精巧なイラストに乙女心がくすぐられます。

片手サイズのケース
片手サイズのケース

 
スタンプのようなパーツと、黄色いプレート
スタンプのようなパーツと、黄色いプレート

 
レトロな動物柄に胸キュン
レトロな動物柄に胸キュン

早速ゆでたまごを用意して作ってみます。

キレイにむけるよう底の穴あけを忘れずに
キレイにむけるよう底の穴あけを忘れずに

今回使うのはウサギのプレート。ケースにセットしたら、殻をむいたできたての温かいゆでたまごを入れ、上から垂直にスタンプパーツを押し込みます。そのままふたを閉めて20分程放置。なお手早く成型したい場合は冷蔵庫に入れるといいそう。

改めて見ると絵がちょっと細か過ぎる気も…
改めて見ると絵がちょっと細か過ぎる気も…

 
プレート、ゆでたまごの順に入れて
プレート、ゆでたまごの順に入れて


上からギュッと押しつけて、フタを閉めます
上からギュッと押しつけて、フタを閉めます

 
むぎゅぅぅ
むぎゅぅぅ

 
そして出来上がったのがこちら。

ああ、やっぱり…
ああ、やっぱり…

元のイラストを知っているからウサギと分かるものの、表情がだいぶぼんやりしていて、ちょっとゾンビみたい。たまごが小さかったのではと思い、プレートを2枚にして再挑戦してみると

うーむ
うーむ

輪郭ははっきり出ているものの、やっぱり何かが惜しい。そもそもたまごが白くて分かりにくいのに、ニンジンとかまぶたとかディテールにこだわり過ぎなのではないかと思いつつ、悔しいのでプレートを変えて煮玉子でもやってみました。プレート2枚使用、思い切って1時間以上放置。

新聞を運ぶ賢そうなワンちゃん
新聞を運ぶ賢そうなワンちゃん

 
これは良い感じ!
これは良い感じ!

より陰影がくっきり現れ、イラストが分かりやすくなりました!でも、新聞はいらないんじゃないかな…。

◆結論:四角いだけでも十分面白い

というわけで、イラストプレートについてはあくまで“おまけ”と考えた方がいいかもしれません。特にお弁当はふたを開けた一瞬が勝負(?)なので白いたまごでは伝わりにくそう。ちなみに説明書では“熱いたまご”が推奨されていますが、冷たいたまごでも作れます(成型時間は長めにとってください)。

ちなみに使用例はこんな感じ
ちなみに使用例はこんな感じ

個人的にはこのキューブ型がガジェット風で好きなので、スター・●ォーズデザインとかが出たら買っちゃうかもしれません。

なおプレートを裏返して使えば、無地のキューブ型ゆで卵やおむすびが作れます!お弁当箱へのおさまりも良いのでオススメ。“いつも丸いものが四角いという”発想が斬新なので、これはこれでアリだと思います。

四角い煮玉子
四角い煮玉子

エッグフォードの価格は570円(税別)。東急ハンズなどで購入できます。