東芝ホームテクノの過熱水蒸気オーブンレンジ『石窯ドーム』から、専用の「深皿」による自動調理メニューや350度の高温調理機能を搭載した新機種「ER-ND500」が6月中旬に発売される。価格はオープン。

“パン焼き”で人気の「石窯ドーム」、料理機能がさらに充実
“パン焼き”で人気の「石窯ドーム」、料理機能がさらに充実

同機種には、深さ5cm の深皿と専用の調理メニューを新たに搭載。下ごしらえをした材料を入れるだけで、焼く、煮込む、炊く、茹でる、炒めるの5つの調理が手軽にできるそう。

一例として、市販の乾燥パスタに調味液と具材を混ぜ、オーブンに入れるだけで“ナポリタン”が作れる自動メニューやお惣菜3品を同時に作れるセットメニューが用意されている。

オーブンだけでナポリタンを作ったり
オーブンだけでナポリタンを作ったり

 
おかず3品を同時に作ったりできる
おかず3品を同時に作ったりできる

また、オーブン調理の予熱温度を従来機種の250度から320度へ設定。予め庫内を石窯のように高温にでき、家庭用オーブンでは最高レベルとなる“350度”の高温調理と併せてより短時間での調理が可能になるそうだ。

クリスピーピザが4分弱で焼き上がる!
クリスピーピザが4分弱で焼き上がる!

さらに、熱風の循環を促す湾曲型の天井を採用した「石窯ドーム構造」や、焼きムラをなくす「焼き色上手なくるりん熱風」といった従来製品の特徴も備えている。

サイズは W500×D465×H412mm で、重さは24kg。カラーバリエーションは「グランホワイト」「グランレッド」の2種類。396種のレシピが掲載された料理集が付属する。