デスクと椅子を内蔵したスーツケース「ノマドスーツケース」が「BIBI LAB(ビビラボ)」から販売開始された。これさえあれば、好きな場所で好きな時間に働くことができる。

デスクと椅子を内蔵したスーツケース「ノマドスーツケース」
デスクと椅子を内蔵したスーツケース「ノマドスーツケース」

良いアイディアが生まれるのは、散歩をしているときや、周りの風景を感じているときなのだそう。だがそのアイディアをまとめ、具体化する際には、デスクや PC などのビジネスツールがあった方が良いそうだ。

「ノマドスーツケース」は折りたたみデスクと椅子を内蔵したスーツケース。キャスターが取り付けられているので、良いアイディアが生まれそうな場所に、手軽に持ち運ぶことができる。

キャスター付きでどこにでも持ち運べる
キャスター付きでどこにでも持ち運べる

良いアイディアが生まれたら、デスクと椅子を15秒で展開。その場で作業を開始し、生まれたばかりのアイディアを具体化することが可能だ。

15秒でオフィスが出現!
15秒でオフィスが出現!

モバイルオフィスの課題は、電話回線の用意と電源の確保だと言われていた。だがスマートフォンの普及と長時間利用可能なノート PC やタブレットの出現、そして今回の「ノマドスーツケース」の発売により、モバイルオフィスはもはや夢ではなく、現実になったと言えるだろう。

現実はいつも、少し哀しい
現実はいつも、少し哀しい

「ビビラボ」によれば、「ノマドスーツケース」は仕事に使えるだけでなく、キャンプやフリマ、ストリートパフォーマンスなどにも利用可能なのだとか。コスプレーヤーのキャリーケースとして使っても便利だという。

「ノマドスーツケース」をキャンプで利用する例
「ノマドスーツケース」をキャンプで利用する例

フリマで利用する例  これはあり?
フリマで利用する例
これはあり?

ストリートパフォーマンスでの利用例
ストリートパフォーマンスでの利用例

コスプレーヤーのキャリーケースにも
コスプレーヤーのキャリーケースにも

サイズは高さ689x幅440×奥行き294ミリで、重さは約7.15キロ。希望小売価格は3万6,000円(消費税別)。


「ノマドスーツケース」を屋外に持ち出して利用していると、周囲の視線が気になって、落ち着いて仕事できないという人もいるだろう。そのような人には、「ぼっちてんと」との併用をおススメしたい。

どんな場所でも一人になれる「ぼっちてんと」
どんな場所でも一人になれる「ぼっちてんと」

「ぼっちてんと」はデスクまわりに張るテント。キャッチフレーズは「ネカフェがうちにやってきた!」。そのキャッチフレーズ通り、ネカフェのように周囲との接触を遮断し、作業に没頭できるプライベート空間を作れるのが特徴だ。

どんな場所でも、自由自在にぼっちになれる
どんな場所でも、自由自在にぼっちになれる

「ぼっちてんと」内部に「ノマドスーツケース」を設置すれば、屋外で引きこもり、仕事やネットサーフィンに集中することができるだろう。「ぼっちてんと」のサイズは高さ1,600x幅1,300x奥行き1,300ミリと、「ノマドスーツケース」がすっぽり、余裕を持って収まるサイズとなっている。

「ノマドスーツケース」と組み合わせれば、屋外でひとりぼっち!?
「ノマドスーツケース」と組み合わせれば、屋外でひとりぼっち!?