梅雨の長雨で庭の雑草がぐんぐん育ち、抜いても抜いても追い付かないこの頃。草むしりの時は蚊取り線香が欠かせないのですが、この匂いをかぐとやっぱり夏を実感します。

線香に付いているケースや線香立てはつい邪魔にならない場所に置いてしまいますが、せっかくなので目でも夏を感じたい!今回はあえて見せたくなるようなオシャレな蚊遣りをご紹介します。

蚊取り線香をインテリアとして楽しもう
蚊取り線香をインテリアとして楽しもう

◆今の暮らしに合うシンプルさとぬくもり

家具デザイナーの小泉誠氏がてがけた「香遣(かやり)」は、スリムで持ち運びしやすいアルミ製の蚊遣り。中には不燃マットが敷かれており、蚊取り線香を直接置いて使用できます。

取っ手付きで持ち運びやすい「香遣」
取っ手付きで持ち運びやすい「香遣」

 
火をつけた線香を置くだけ。取っ手が倒せるのも便利
火をつけた線香を置くだけ。取っ手が倒せるのも便利

籐が巻かれた持ち手が、無機質なデザインに温もりをプラス。先端には切込みが入っており、ぶら下げて使うこともできます。ちなみに、一年中お香やアロマも楽しめるから“香遣”だそう。価格は6,480円(税込、以下同じ)。

吊り下げても水平バランスを保ちます
吊り下げても水平バランスを保ちます

◆のっぺり感がキュートな無印良品のブタさん

蚊遣りと言えばやっぱり“ブタ”ですが、無印良品の「蚊取り豚セット」は真っ白なブタ。伝統を感じさせつつシンプルに仕上げたデザインは、どんなインテリアにもなじみます。

ぶひー
ぶひー

蚊取り線香10巻付きで、価格は2,500円。別売りの香立てを置けば、お香も焚けるそうです。

おしりもかわいい
おしりもかわいい

◆アウトドアでも大活躍!地面に挿す蚊遣り

ノルコーポレーションから販売されている「KATORI PICK Hoppies(ホッピーズ)」は、地面に挿して使うピックタイプの蚊遣り。1本に蚊取り線香を2巻引っ掛けられるので、キャンプなどで強力に対策したい時も頼りになります。価格は842円(税込)。

ラフに引っ掛けるのが現代流
ラフに引っ掛けるのが現代流

ただ挿しておくだけでもかわいらしいデザインは、ウインドスピナーのようなテントの目印にもなりそう。ただし、線香がむき出しになるのでうっかり子どもが触らないよう注意しましょう!

デザインも豊富です
デザインも豊富です

蚊取り線香を使わない人も、思わず欲しくなりそうなデザインばかり。匂いが苦手な人はアロマ線香などと併せて使ってみてはいかがでしょうか?

※画像の出典は、「ecomfort」、「無印良品ネットストア」、「NOL ONLINE SHOP」