起業家をはじめ会社員、クリエイター、学生など様々な属性の入居者が互いに刺激を与え合い、イノベーションを創発する仕組みを提供するコンセプトシェアハウス「Fespa京都」が京都府向日市にオープンする。入居開始は11月以降で、現在運営会社の彩ファクトリー公式サイトで先行予約を受け付け中。

コンセプトは“イノベーション”
コンセプトは“イノベーション”

入居条件は、自身の明確な達成目標があり“本気で成長したい”気持ちがあること。面談審査も実施される。

入居者には、毎週グループごとに「先週の目標を達成できたか。何で苦労したか。どんな支援がほしいか。来週の目標は何か」を発表し互いにアドバイスし合う場が提供されるほか、先輩ビジネスマンによるビジネススキルセミナーも定期的に開催される。

定期的にセミナーや勉強会を実施  (画像は東京の起業家シェアハウスのもの)
定期的にセミナーや勉強会を実施
(画像は東京の起業家シェアハウスのもの)

またFespa京都の入居者専用コミュニケーションツールでは、先輩経営者であるメンター陣も参加して日常的にアドバイスが得られる環境を用意。24時間仕事場として利用可能な共用ラウンジもあり、入居者主催で勉強会やイベントも実施できるとか。

さらに外部の友人も参加可能な交流パーティーを毎月開催し、モチベーションの高い人材同士のつながりを増やす機会を提供するそう。

交流パーティーも開催(画像は東京の起業家シェアハウスのもの)
交流パーティーも開催(画像は東京の起業家シェアハウスのもの)

シェアハウスの所在地は京都府向日市寺戸町乾垣内5-2。家賃は6万円~10万円。共益費は2万円(水光熱費、インターネット、各種イベント・セミナー費用込)。全個室タイプで、広さは6畳(1R/単身者向け)~36畳(1LDK/家族、カップル向け)。

全体模型
全体模型