鬼怒川の堤防決壊によって発生した大規模水害では、住民2人が2匹の犬とともに救助される様子が放映され、大きな注目を集めました。その後、2匹の犬は飼い主の方と一緒に、避難所に向かったそうです。

そう避難所には、犬や猫と一緒に入れます。でも、避難所の他の人の迷惑にならないよう、様々な措置を取る必要があります。そのとき、大事なのはケージ。ケージがあることで、避難所内の他の人に迷惑にならないだけでなく、ペットのストレスを軽減できることもあるのだとか。

災害時に持ち運びしやすいケージはないだろうか?と探して、見つけたのがこのケージ「猫壱 ポータブル ケージ」です。


「猫壱 ポータブル ケージ 」は、ポップアップ式のケージ。普段は小さく折り畳んで保管しておき、使用するときに開くタイプのネコグッズです。開いたときのサイズは50.8x50.8x81センチと、トイレやベッド、爪とぎなども入れられる、ケージとしてはかなり大きめのサイズ。猫がこの中である程度の時間を過ごしても、それほどストレスがかからずに過ごせる広さを意識しているのだそうです。一方、折り畳むと30x30x11センチとコンパクトに。持ち歩きに便利な収納袋も付いています。

折り畳むと小さなケースに入ります
折り畳むと小さなケースに入ります

その他、車のシートにシートベルトで固定できる機能も。


これがあれば、災害時などに、ペットと一緒に避難するのに便利かもしれません。また、ぼっち好きな猫のプライベートルームとしてもぴったりかも?




筆者は9月12日の午前5時49分に東京湾で発生した地震の直後、備蓄用の水や保存食などを買い替え/買い増ししました。今後も少しづつ追加していく予定ですが、猫のいるお宅では、購入用防災用品のリストに「猫壱 ポータブル ケージ 」を加えてもよいかもしれません。