「Trinity」シリーズは持ち運びできる風力発電機。キャンプなどに持って行けば、風力で発電した電力を使い、ランプを点灯したり、スマートフォンを充電したりできる。

持ち運びできる風力発電機「Trinity」
持ち運びできる風力発電機「Trinity」

シリーズ中もっとも小さい「Trinity 50」のサイズは、折り畳んだ状態では直径5.5センチで高さ30センチ。重さは650グラムと軽量なので、リュックなどに入れて持ち歩いてもそれほど苦にはならないだろう。

Trinity 50は650グラム  キャンプなどにぴったり!
Trinity 50は650グラム
キャンプなどにぴったり!

7,500mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵しており、満充電の状態で一般的なスマートフォンを3~4回充電可能だ。

スマートフォンを3~4回充電可能
スマートフォンを3~4回充電可能

「Trinity」シリーズは、ブレードを2つの方法でセットアップできるのも特徴。風が弱いときにはブレードが風を受けやすいように水平に、風が強いときには垂直に設定可能だ。

風が弱いときの水平設定(左)と、強いときの垂直設定(右)
風が弱いときの水平設定(左)と、強いときの垂直設定(右)

50ワットの出力を持つTrinity 50の他、400ワットのTrinity 400、1,000ワットのTrinity 1000、2,500ワットのTrinity 2500の4つの異なるサイズが提供される。最も発電量の多いTrinity 2500は、持ち運ぶだけでなく、家庭での利用も視野に入れて設計されており、内蔵されたリチウムイオンバッテリーの容量は300,000mAh。販売元のJanulusによれば、Trinity 2500であれば、電気自動車への充電も可能だという。

Trinity 2500は電気自動車への充電も可能
Trinity 2500は電気自動車への充電も可能

Janulusは現在、kickstarterで出資者を募集中。399ドルの出資でTrinity 50が入手可能だ。出荷は2016年4月頃の予定となっている。なお、Trinity 400は1,099ドル、Trinity 1000は2,999ドル、Trinity 2500は5,999ドルで入手できる。