ドイツ生まれの家庭用浄水器メーカー『BRITA(ブリタ)』。水道水が手軽にまろやかな味わいになるので、筆者も自宅で愛用しています。

そのブリタから、ポット型浄水器の新モデル「Navelia(ナヴェリア)フルーツエディション」が10月5日に発売されました。新商品をいち早く手に入れた筆者、良い機会なので現在使用中の「リクエリ」と使い勝手を比較してみることに。

左が「リクエリ」、右が「ナヴェリア フルーツエディション」  リクエリは我が家ではブリトニーの愛称で呼ばれています
左が「リクエリ」、右が「ナヴェリア フルーツエディション」
リクエリは我が家ではブリトニーの愛称で呼ばれています

ナヴェリアは日本の冷蔵庫事情に合わせて設計されたひし形のポット。今回のフルーツエディションでは、ふたの部分に水彩画タッチのフルーツ柄が描かれています。さらにナヴェリアの上蓋は外れにくくなっていて、注いでいる時に蓋が外れて大惨事になるというブリタあるある(?)が回避できます。

ひし形は日本オリジナルデザインなんだとか
ひし形は日本オリジナルデザインなんだとか

リクエリのサイズは28×21.5×11.1cm。全容量は2.2L、浄水部の容量は1.1Lです。一方ナヴェリアのサイズは26.5×21.8×11.3cm。全容量は2.3L、浄水部容量は1.3Lと若干大きめの作り。ろ材の種類はどちらも活性炭で、浄水スピードに大きな差はありません。また両モデルとも天面に液晶の電子インジケーターを備えており、カートリッジの交換時期を知らせてくれます。

形状のせいか、実際はナヴェリアの方がだいぶ大きく感じます
形状のせいか、実際はナヴェリアの方がだいぶ大きく感じます

なおナヴェリアはろ過部分と注ぎ口の幅が広めに設計されていて、勢いよく水が出ます。

この部分。一気に注ぎたい時は便利です
この部分。一気に注ぎたい時は便利です

冷蔵庫への収まりはこんな具合。ナヴェリアの方が幅がありますが、隙間にマヨネーズも入れられます。

リクエリ
リクエリ

ナヴェリア。ひし形分の幅がありますが…
ナヴェリア。ひし形分の幅がありますが…

すき間に隠しマヨネーズ!
すき間に隠しマヨネーズ!

ここまでナヴェリアが優勢のようですが、注ぎやすさについては断然リクエリ。取っ手から注ぎ口までの距離が短く手に負担がかかりにくいため、子どもや力の弱い人にはこちらの方が扱いやすいと思います。筆者はごく一般的な30代女性ですが、水が満タンに入ったナヴェリアを持つと腕がちょっとぷるぷるしました。

なお今回比べたのは冷蔵庫に収まりやすい2モデルですが、使用目的や頻度によっては浄水部分が2Lの大容量タイプもご検討ください。どちらにせよ、新しく家に迎え入れる際は実物を手に取ってみることをオススメします。筆者もさすがに2台持ちできないので、先住のブリトニーを引き続き活用しようと思います。