リビング型「1人用こたつ」が山善から販売開始された。冬が来る度に、「こんな大きなコタツ、いらないんだけどな」と独り言ちていたボッチパースンたちにぴったりのコタツだ。

リビング型「1人用こたつ」
リビング型「1人用こたつ」

「1人用こたつ」は、ひとり暮らしの人や、比較的狭い部屋向けに設計されたコタツ。幅わずか58センチというコンパクトサイズが特徴だ。また、取り付けることで高さを5センチアップできる継脚が付属している。

継脚を取り付ければ、高さは58センチに
継脚を取り付ければ、高さは58センチに

高さを58センチにあげた場合、付属の座椅子に座って利用可能となり、立ち座りが楽になる。膝に痛みを抱える人などにとっては、ありがたい暖房器具となるだろう。座椅子は座面高さ20.6センチから27センチまで、3段階で高さ調節できる。

ボッチにとっては、高めの座面は部屋をスッキリ保つために有利だ。コタツを設置すると雑誌や新聞などを床に直接置いてしまいがちで、これが部屋を散らかしてしまう原因となってしまう。だが椅子に座る生活にすることで、このリスクを低減可能だ。また、コタツに首まですっぽりと入り、“コタツ星人”と呼ばれるダメ人間になってしまうタイプの人も、椅子があることで踏みとどまり、人間として生きていくことが可能となるだろう。

椅子は、人間に留まるための防波堤?
椅子は、人間に留まるための防波堤?

こたつ&ふとん&椅子の3点セットでの販売。サイズはこたつが幅58×奥行58×高さ53センチ(継脚時の高さ58センチ)で、重さが11キロ。椅子は幅52×奥行44.6×高さ47.1センチで重さ5.8キロ。コタツ布団はタテ60×ヨコ60センチ。価格はオープンだが、楽天の山善ショップでは2万4,900円で販売されている。


さて、「1人用こたつ」は一人用の暖房器具ではあるが、座イスをもう1つ用意して二人で足を入れれば、そこにはラブい空間が出現してしまう。その密着度は通常のコタツ以上となり、別の意味でダメになってしまうこともあるので、十分注意されたい。