ウェザーニューズは、秋を代表する天体イベント「オリオン座流星群」が観測ピークを迎える10月21日夜から22日早朝の全国の天気傾向を発表した。当日は西〜東日本の太平洋側を中心によく晴れて、全国の広い範囲で観測を楽しめるとしている。

■オリオン座流星群とは?
オリオン座流星群は、毎年10月から11月の間に東の空で見られる流星群。オリオン座のすこし左が放射点となる。ここ数年は出現数が減少しているが、明るい流星が多いので、観測はしやすい。

オリオン座流星群放射点  (画像はウェザーニューズのWebサイトから)
オリオン座流星群放射点
(画像はウェザーニューズのWebサイトから)

今年のピーク予想時刻は10月22日朝8時頃。月が沈んだ後の21日24時頃から22日の夜明け前が1番の観測チャンスとなる。

■10月21日の天気は?
オリオン座流星群が観測ピークを迎える21日夜から22日早朝は、西〜東日本の太平洋側ほど晴れて、観測に絶好の夜空となりそう。また、北日本でも雲の切れ間から見られるチャンスがある見込み。

一方、西〜東日本の日本海側は前線の影響で雲が広がりやすく、特に北陸は雨の可能性もあり、観測には厳しい天気になりそう。

ウェザーニューズによる「流星見えるかな?」マップ
ウェザーニューズによる「流星見えるかな?」マップ

この見解は、10月14日時点での情報をもとにしたもの。最新の情報についてはスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空Ch.」、スマートフォン向けサイト「オリオン座流星群」、およびPC向けサイト「オリオン座流星群2015」で確認されたい。

■「SOLiVE24」で“オリオン座流星群”を全国7か所から生中継
ウェザーニューズが運営する24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、21日23時から25時まで(事前番組は22時から)、全国各地から生中継を行う特別番組を予定している。中継地点には、観測に適すると予想される全国7か所をセレクト。番組はスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」、PC、テレビ(BS 910Ch)で視聴できる。