人肌恋しいこれからの季節、クリスマスに向けて気になる彼と関係を進めたいですよね。そろそろ彼を家に呼びたいけれど、誘い方がわからないという女子も多いのではないでしょうか。

米国の通販サイトHammacher Schlemmerは、「Intergalactic Racquetball Game(ラケットボールゲーム)」を販売しています。この商品は、ボールのかわりに光を打ち合うラケットゲーム。丸い光がラケットの動きに反応し、2人のプレーヤーの間を行き来する、“光の卓球”とも言える新しいスポーツです。

家に呼ぶ口実になる、新しいラケットゲーム
家に呼ぶ口実になる、新しいラケットゲーム

光がボールとなって動くため、部屋に置いてある可愛い雑貨や写真立てなどにボールがあたって気まずい雰囲気になる心配はありません。また、光を投影するためには必然的に部屋を暗くしなければならないので、いろいろな意味で好都合ですね。

遊び方は簡単。2人でボールを打ち合って戦い、先に11点獲得した方が勝ちとなります。勝ち続けてしまうと、彼のプライドを傷つけてしまう恐れがあるので、勝つのは3回に1回くらいがベスト。本当の戦いはラケットゲームではなく、彼といかに良い雰囲気にもっていけるかであることを忘れてはいけません。疲れたふりをして、ソファやベッドに倒れ込むのもアリです。

ほどよく手を抜きましょう
ほどよく手を抜きましょう

運動後は彼に手料理を振る舞うのもお忘れなく。彼の好きな料理を作って、しっかり胃袋までキャッチしておきましょう。料理に自信がなくても、お腹が空いている運動後ならたいていのものはおいしいはずです。

少しアクティブなおうちデートにピッタリの「Intergalactic Racquetball Game」。誘いたい相手がいないおひとり様は、バーチャルの相手と対戦するぼっちモードもあるのでご安心ください。寂しい気持ちは汗と一緒に流してしまいましょう。

点数のカウントもしてくれます
点数のカウントもしてくれます

サイズは約H25×W25×L10センチで、重さは約1.1キロ。価格は59.95ドルで、別途送料75.95ドルが必要です。