パートナーと寝る時、同じベッドで寝ています?それとも別々でしょうか?

一緒でないと眠れないという人がいる一方で、一緒だと落ち着かないという人もいますよね。特に、寝る前に本を読んだり、テレビやビデオを見たり、音楽を聴いたりする習慣がある人は、相手を起こしてしまわないか気を使ってしまいがちです。

そんな人に便利なのが「SleepPhones」。彼・彼女と同じベッドで寝るカップルのために設計されたヘッドフォンです。

彼・彼女と同じベッドで寝るカップルのために設計されたヘッドフォン  「SleepPhones」
彼・彼女と同じベッドで寝るカップルのために設計されたヘッドフォン
「SleepPhones」

ヘッドホンには「インナーイヤー型」と「オーバーヘッド型」がありますが、どちらも就寝時の利用には向いていません。インナーイヤー型は耳から外れやすいという欠点がありますし、オーバーヘッド型は寝返りが打ちにくく、寝違えの原因になることも。

「SleepPhones」は、バンダナタイプのヘッドホン。ソフトなフリース生地なので装着して横になっても違和感がありません。音源となるスマートフォンなどとはBluetoothで接続するため、寝ている間にコードが身体に巻きついたり、スマートフォンなどを床に落としてしまってその音で起きてしまう、といった事故(?)も防げます。

「SleepPhones」はバンダナタイプのヘッドホン
「SleepPhones」はバンダナタイプのヘッドホン

バンダナの内部に、薄型スピーカーやBluetoothレシーバーが組み込まれています
バンダナの内部に、薄型スピーカーやBluetoothレシーバーが組み込まれています

開発元のAcousticSheepによれば、「SleepPhones」は一緒に眠るパートナーをうるさい音から守るためのヘッドホンなのだそう。装着してもらえば、自分がベッドで本を読むなどして遅くまで起きているケースでも、パートナーは静かに眠れるそうです。

パートナーに装着してもらえば、ベッドで本を読んでも大丈夫  相手はぐっすり眠れます
パートナーに装着してもらえば、ベッドで本を読んでも大丈夫
相手はぐっすり眠れます

「SleepPhones」はまた、自らを守る安眠グッズ(騒音対策グッズ?)としても使用可能なのだとか。例えば隣で寝ている彼のいびきがうるさくて眠れないとき、「SleepPhones」を装着すれば静かな夜を過ごす…のは無理にしても、美しい音楽を聴きながら夜を過ごすことができます。

彼のいびきがうるさくて眠れないときも
彼のいびきがうるさくて眠れないときも

「SleepPhones」を装着して好きな音楽を聴けば、心地よく眠れます?
「SleepPhones」を装着して好きな音楽を聴けば、心地よく眠れます?

AcousticSheepは同社のWebサイトで、“人を深い眠りに誘う音楽”のMP3ファイルを提供しています。音楽は波の音をバックにピアノのメロディーが流れる、といったもの。効果のほどは不明ですが、誰でも無料でダウンロードできるので、夜なかなか寝付けないという方は試してみても面白いかもしれません。Webサイトでは朝目覚めるための音楽も提供。これは、ベーコンと卵がちりちりと焼ける音がベースになっています。うん、確かに目が醒めるような気がしますね?

AcousticSheepは、“人を深い眠りに誘う音楽”や“朝目覚めるための音楽”を提供
AcousticSheepは、“人を深い眠りに誘う音楽”や“朝目覚めるための音楽”を提供

AcousticSheepはその他、ベッドでテレビの音声を聴くための「TellyPhones」も販売しています。これはテレビに装着するBluetooth発信器と「SleepPhones」のセット。これを使えば、パートナーに迷惑をかけずに深夜ドラマを楽しむこともできます。

ベッドでテレビ音声を聴くための「TellyPhones」
ベッドでテレビ音声を聴くための「TellyPhones」

テレビに装着するBluetooth発信器と、「SleepPhones」のセット
テレビに装着するBluetooth発信器と、「SleepPhones」のセット

「そんなに静かに眠りたいなら、別々のベッドで寝れば良いのに」と思ってしまいますが、ソクバッキーな彼・彼女が相手だと、なかなかそうもいきませんよね。米国では、一緒のベッドで寝ないと離婚の理由になってしまうケースもあります。ヘッドホンを装着するだけで別れなくて済むなら、それはそれでありなのかもしれません。

AcousticSheepのオンラインサイトで購入できます。価格は99.95ドル。日本への送料が別途10ドル必要となります。