未来の農業?
未来の農業?

魚と植物を一緒に育てる循環農業用装置「アクアスプラウト」の予約販売をおうち菜園が開始した。本体価格は3万9,800円(税別)。発送は12月中旬以降を予定。

この商品は、アクアリウムの水を水耕栽培に活用する「循環農業(アクアポニックス)」を家庭や学校で気軽に楽しめる装置。魚が排出したアンモニアを微生物が分解することで植物の栄養となり、植物に浄化された水は再び水槽へと戻る。水槽の上ではリーフレタスやルッコラなどの野菜やハーブを育成でき、収穫後はもちろん食べられる。

基本のお手入れは1日1回魚へのエサやりと、週に1回蒸発した水を足すだけ。日光の照射時間が1日6時間以上確保できる場所か、別途ライト(別売)を使用することで暗い室内にも設置できるそうだ。

魚は水質変化に強い金魚がオススメとのこと
魚は水質変化に強い金魚がオススメとのこと

本体のセット内容は、水槽、ハイドロボール(培地)、水中ポンプ、ライトスタンド。水槽本体のサイズはW73×D25×H45cm、ライトスタンド設置時の高さは95cm。カラーはインテリアになじみやすい落ち着いたマットブラック。

また開始時に必要な魚のエサ、底石、市販の微生物などの備品を同梱したスターターキットも用意。本体、スターターキットともに12月12日までは早期割引価格で購入できる。

初心者向けのスターターキット
初心者向けのスターターキット