「HYPNOS」は、主に米国の通勤者のためにデザインされたパーカー。仕事で忙しく、疲れきっているビジネスパーソンが、通勤時間中に電車やバス、タクシーで短時間の休息を得られるようにデザインされた。

「HYPNOS」は、米国の通勤者のためにデザインされたパーカー
「HYPNOS」は、米国の通勤者のためにデザインされたパーカー

仕事で忙しく、疲れきっているビジネスパーソンが、通勤時間中に電車やバス、
仕事で忙しく、疲れきっているビジネスパーソンが、通勤時間中に電車やバス、

タクシーで短時間の休息を得られるようにデザインされた
タクシーで短時間の休息を得られるようにデザインされた

「HYPNOS」の最大の特徴は、フード内に空気枕が内蔵されている点。首元に空気栓が取り付けられており、空気を入れることでフードを枕に快適に眠ることができる。

「HYPNOS」のフードには、空気枕が内蔵されている  首元の空気栓から
「HYPNOS」のフードには、空気枕が内蔵されている
首元の空気栓から

息を吹き込めば
息を吹き込めば

フードが枕となり、快適に眠れる
フードが枕となり、快適に眠れる

通勤時の他、飛行機での出張時などにも利用可能で、特に国際線などの長時間のフライトで力を発揮するだろう。バックパッカーやLCC利用者が空港で深夜発の便を待つときに、ロビーの椅子で仮眠を取る際にも便利だ。

空港ロビーでの仮眠にもぴったり
空港ロビーでの仮眠にもぴったり

フードに内蔵された空気枕は高さ約24センチ、幅約38センチと大型。頭をすっぽりと覆うので、快適に眠ることができる。だが、空気を抜いたときには薄く軽量で、フードの重さで肩がこることはないそうだ。空気枕は簡単に着脱が可能で、洗濯時には取り外しておくことができる。

空気枕は、フード内に装備される
空気枕は、フード内に装備される

「HYPNOS」を開発した米国ロサンゼルス在住のJosh Woodleさんは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施している。記事執筆時点では、リラックスフィットのプルオーバータイプを69ドルで入手可能だ。入手に必要な金額はキャンペーンが進むに連れて増加し、終了後の市販価格は89ドルとなる予定。その他、ぴったりフィットのプルーオーバータイプ79ドル(市販価格99ドル)や、フロントファスナーのついたジップアップタイプなど、複数のタイプとカラー、豊富なサイズが用意されている。

リラックスフィットのプルオーバータイプ
リラックスフィットのプルオーバータイプ

ぴったりフィットのプルーオーバータイプ
ぴったりフィットのプルーオーバータイプ

ファスナーの付いたジップアップタイプも
ファスナーの付いたジップアップタイプも

かつては海外のニュースで、日本には電車で眠る人がいることを、驚きを持って伝えられていた時期があった。だが現在では、米国でも通勤中に眠る人を見かけることが珍しくなくなってきている。これは米国の一部地域で治安が改善していることと、日本人以上の長時間労働で疲れている人が増えていることの表れだろう。通勤中に眠る人向けのパーカーがロサンゼルスで開発されたということは非常に興味深い。