「SUSHI NOTES」は、お寿司型の付箋。通常の付箋と同じように書類などの栞に使ったり、オフィスメモとして使える他、会話のきっかけにもなる優れ物。

お寿司型の付箋「SUSHI NOTES」
お寿司型の付箋「SUSHI NOTES」

制作したのは台湾在住の高校生Nicole Chengさん。楽しく(Fun)かつ、機能的(Functional)なものを作りたいと考えて、「SUSHI NOTES」の制作を思い立ったそうだ。

制作者のNicole Chengさん  左手にはお寿司が!
制作者のNicole Chengさん
左手にはお寿司が!

「SUSHI NOTES」はサーモンの握り寿司を模した「NIGIRI」、巻き寿司を模した「MAKI」、そしておにぎりを模した「ONIGIRI」の3種類で構成されている。

左から「NIGIRI」、「MAKI」、そして「ONIGIRI」
左から「NIGIRI」、「MAKI」、そして「ONIGIRI」

「NIGIRI」は、書籍やノート、それに書類の栞にぴったりな付箋。特に“ネタ”部分はサーモンピンクカラーで目立つため、目的のページを簡単に見つけることができる。

「NIGIRI」の“ネタ”部分は、栞にぴったり
「NIGIRI」の“ネタ”部分は、栞にぴったり

目的のペースを見つけやすい?
目的のペースを見つけやすい?

「MAKI」と「ONIGIRI」は、メモにぴったりな付箋。とくに「ONIGIRI」は書き込みスペースが広いので、メモ内容が多いときに有効だろう。どちらも目立ち易く、他の付箋の中に混ざっても埋もれないので、メモを見つけてもらう確率が高まる。

「MAKI」と「ONIGIRI」は、メモにぴったり
「MAKI」と「ONIGIRI」は、メモにぴったり

他の付箋の中にあっても埋もれない  すぐに仕事をしてもらえるかも?
他の付箋の中にあっても埋もれない
すぐに仕事をしてもらえるかも?

「MAKI」と「ONIGIRI」の枚数は各100枚。「NIGIRI」はネタ部分が50枚で、シャリ部分が220枚となっている。


Chengさんは現在、「SUSHI NOTES」の市販に向けてクラウドファンディングサイトkickstarterで出資者を募集中。6ドルの出資で「ONIGIRI」4個セットまたは「MAKI」4個セットのどちらかを入手できる。「NIGIRI」は4個セットで10ドル。その他、「MAKI」と「NIGIRI」それぞれ4個がセットになった「SUSHI LOVER」15ドルや、「MAKI」3個、「NIGIRI」3個、「ONIGIRI」4個がセットになった「COMBO PLATE」19ドル、「MAKI」6個、「NIGIRI」6個、「ONIGIRI」8個セットの「PARTY PLATTER」36ドルが用意されている。発送は2016年4月の予定。