シリコンバレーで働いてそう
シリコンバレーで働いてそう

「Prepd Pack」は、モバイル端末風のスマートなデザインが美しいランチボックス。天面のサイズはiPad Airと同じくらいで、ケースの中に専用の透明コンテナとカトラリーが収納できる。

コンテナは3種類あり、メニューによって組み合わせを変えられる。しっかり密封できるので、中身をこぼさず運べるそうだ。

ドレッシング・ソース用のケースも
ドレッシング・ソース用のケースも

中には滑りにくいマット
中には滑りにくいマット

さらに専用アプリ(Android/iOS対応)を利用することで、シェフや栄養士が監修したレシピの閲覧、買い物リストの作成、カロリー計算などが可能。ユーザー同士のコミュニティも用意されており、レシピの管理やシェアもできるとか。

毎日の献立も考えてくれる
毎日の献立も考えてくれる

たとえボッチ飯でも、1人じゃない
たとえボッチ飯でも、1人じゃない

開発したサンフランシスコのPrepdによると、Prepd Packを活用することで日々のランチ代が節約でき、繰り返し使える容器は環境にも優しいとのこと。こんなスタイリッシュなランチボックスなら、スターバックスでMacBookを開くような誇らしさをランチタイムのデスクでも感じられそうだ。

Prepd Packは現在、クラウドファンディングサイト「kickstarter」で商品化に向け出資者を募集中。既に目標額を大幅に上回る資金を調達している。なお商品を特別価格で入手できる出資プランも用意されており、日本にも配送可能。発送は2016年6月を予定しているそうだ。