新生活が始まる春。初対面の人と接する機会が増えると、第一印象が重要になってきます。髪型やメイクはもちろんのこと、意外とおろそかになりがちなのが口元。歯の黄ばみや口臭などは直接本人に言いにくいものの、すごく気になってしまうという方も多いはず。

とはいえ色々なグッズを揃えて使い分けるのも面倒。そこで今回は、ホワイトニング機能や舌用ブラシも備えたフィリップスの電動歯ブラシ『ソニッケアー』を試してみたいと思います。

お値段2万円前後、高級電動歯ブラシの実力やいかに?
お値段2万円前後、高級電動歯ブラシの実力やいかに?

実は筆者、健診の度に歯科医から褒められるほどの歯ブラシの使い手。正直手磨きには自信があるのですが、ソニッケアーは超高速振動と幅広い振幅運動から発生する“音波水流”により、毛先の届きにくい歯間や奥歯の歯垢まで徹底的に除去してくれるといいます。さすがに手動で音波水流は生み出せないので、手磨き派の心にも少なからず影響を及ぼしてくれることでしょう。

◆「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」を使用

今回使用したのは最上位モデルの「ソニッケアー ダイヤモンドクリーン」。新開発のブラシヘッドに加え、スタイリッシュな付属品もセットになったモデルです。

充電機器のほか、旅行に便利なトラベルケースもセットに
充電機器のほか、旅行に便利なトラベルケースもセットに

ブラシヘッド装着時の本体サイズはH256×D31×W28mm。重さは135gで、片手で持っていても気になりません。

普通の歯ブラシよりは長め
普通の歯ブラシよりは長め

ON/OFFやモードの切り替えは手元のボタン1つで操作します。搭載モードは通常磨き用の「クリーン」、「センシティブ」に加え、ステインを除去して自然な白さや輝きに導いてくれる「ポリッシュ」と「ホワイト」、歯ぐきをケアする「ガムケア」の5種類。電動歯ブラシに慣れていない人や振動が苦手な人には、センシティブモードがオススメです。

ボタンを押すと本体に文字が浮かびます
ボタンを押すと本体に文字が浮かびます

付属するブラシヘッドは「ダイヤモンドクリーン」「インターケア」「舌磨きブラシ」の3本。ダイヤモンドクリーンブラシには、毛先がひし形にカットされたブラシ毛が高密度に植毛されています。

グリーン部分の毛先がひし形なんですって!
グリーン部分の毛先がひし形なんですって!
 
◆磨いてみた

ボタンを押してモードを選択すると振動が始まるので、歯に軽く当てて滑らせていきます。30秒ごとにリズムを変えて知らせてくれ、上下左右を磨いて計2分で終了。歯磨きは利き手によってもクセが出がちなので、バランス良く磨く目安になります。

なお家にたまたまあった千円ぐらいの電動歯ブラシと比べてみると、ソニッケアーの方がはるかに振動数が多い!例えるなら恋人同士がいちゃついてくすぐりあうのと、修学旅行の罰ゲームで皆からガチでくすぐられるくらいの差がありました。

◆手磨きと比べてみた

ところで、一番気になるのはやはり“きちんと歯垢が落とせるか”ですよね?そこで、歯垢に反応して色が付く子ども用の検査薬を使ってチェックしてみました。

ドラッグストアで買える簡易的なものです
ドラッグストアで買える簡易的なものです

液体を口に含んだ後、鏡を見ずに通常モードで磨くこと2分。磨き残りもなく、特に歯と歯ぐきの境に反応していた歯垢もスッキリと落とせています。

歯磨き前(左)と歯磨き後(右)。あくまで参考まで
歯磨き前(左)と歯磨き後(右)。あくまで参考まで

ちなみに筆者の愛用品「DENT.EX システマ 44M」で磨いた結果はこの通り。こちらもなかなかのものです。

こちらは手磨き  (歯ばっかり見せてすみません…)
こちらは手磨き
(歯ばっかり見せてすみません…)

見た目ではどちらも落とせているし、所要時間も2分程度で同じ。ところが、歯を触ってみるとこれまた差が出ました。どちらもツルツルにはなりますが、ソニッケアーの方は磨き上げたワイングラスのように、指で触るとキュッという音がしそうなレベルでした。

◆舌磨きブラシで口臭ケア

続いて付属の舌磨きブラシも使ってみましょう。同社によると、口臭の原因の約8割は“舌の汚れ”とのこと。表面に凹凸がある舌の上は汚れもたまりやすく、きちんと除去することが口臭対策で重要なのだとか。

ソニッケアーの舌磨きブラシは表面に200個以上のミクロの凹凸があり、舌の汚れを優しく効果的に除去してくれるそう。少々くすぐったいですが、就寝前に使うと翌朝起きた時の口のネバつきが軽減されるように感じました。

最初はちょっとくすぐったい
最初はちょっとくすぐったい

◆充電方法がオシャレ

本体もスタイリッシュなソニッケアーですが充電方法もオシャレ。充電スタンドに専用のグラス(うがいにも使える)を置いて、電動歯ブラシを立てるだけで充電できるのです。

高級家電を選ぶ際はこういうオプションも重要ですよね
高級家電を選ぶ際はこういうオプションも重要ですよね

洗面所にコード付きのグラスを置くとなるとスペースの確保が難しそうですが、実際1週間使っても充電が必要ないくらいなので別の場所に置いておいも良いかと思います。

◆歯磨きに自信のない人はぜひ!

個人的には、一度使うと、もう手磨きに戻るのが不安になるくらい頼もしい製品。特に病院へ行くと毎回むし歯を指摘されるような、歯磨きが苦手で自信がない人にはオススメです。ヘッドを付け替えることで歯磨きから舌のケアまでできるというのも他社にあまりないメリットではないでしょうか?家族間でヘッドを変えて使うことで、全員のオーラルケアを安心して任せられそうです。