ジオメトリックなウイスキータイムを
ジオメトリックなウイスキータイムを

「WHISKEY WEDGE(ウィスキーウエッジ)」は、グラスの中に三角形の氷が作れるウイスキーグラス。アメリカの雑貨ブランド『CORKCICLE』が開発した。

使い方は、グラスに付属のシリコンカバーをのせて水を注ぎ、凍らせるだけ。氷の傾斜に沿ってウイスキーを注ぐことで香りをたたせ、美しい2色のコントラストが楽しめるそう。キューブの氷よりもゆっくり溶けるため、お酒が薄まりにくいとか。

「WHISKEY WEDGE」の使い方
「WHISKEY WEDGE」の使い方

グラスの容量は240ml、価格は3,000円(税別)。日本では雑貨メーカーのスパイスから販売されており、同社のオンラインショップ「ABBOT KiNNEY JAPAN」などで購入できる。

持ってるだけでステキ…
持ってるだけでステキ…